140文字フルに使おう! Twitterリプライ時の@ユーザー名がノーカン化

  • カテゴリー:
  • News

140文字フルに使おう! Twitterリプライ時の@ユーザー名がノーカン化

そうだよね。そこに含まれてたのはフェアじゃないよね。

Twitterはリプライ(返信)時における@ユーザー名の文字数がカウント対象外になったことを発表しましたよ。これまで@ユーザー名部分も文字カウントの対象だったため、長〜いユーザー名の方にはそれだけ使える文字数が少なくて、(続く)

ーーー

(続き)となっていたこともありました。多人数が入り交じる会話では、利用できる文字数が少なくて会話がぶつ切りになってしまうということも。しかし、これからはこれでどんなアカウント名の方にも平等140文字でのフルツッコミができるわけです。

Twitter公式アプリでは以下のようなインターフェースになりました。

140文字フルに使おう! Twitterリプライ時の@ユーザー名がノーカン化 1

返信先欄が追加されていて、こちらに相手のアカウント名が表示され、140文字は消費されません。「返信先」をタップすると返信リストの相手を見たり、返信先から除いたりすることもできましたよ。

140文字フルに使おう! Twitterリプライ時の@ユーザー名がノーカン化 2

Web版でも確認。会話に参加している人物の確認と、会話の前に長い@ユーザー名が続いてしまうといった問題を解決できますね。より多くの文字で会話できますし、リスト式になったのでだいぶ見やすくなると思いますよ。

会話や議論がより快適になり、遊びの幅も広がりそうな良アップデートです。で、さっそくこんなおふざけも…。

投稿本文よりも@ユーザー名の文字の方が長い。カウントしてみたところ500文字を超えていました。

どうやら1つのTweetで50人までリストに加えられたようですよ。しかし外部サイトへの埋め込み機能を利用すると、リスト方式ではなく全員の@ユーザー名が表示される長いTweetになっちゃって、見た目が悪いですねこりゃ。

そしてみんながそれぞれ返信したら、含まれる人々が一斉に通知音乱舞になるのでしょうか。…なるんだろうなきっと。

人工知能による名盤のジャケット解説が的を射すぎていてつらい

image: TwitterBlog, 小暮ひさのり
source: TwitterBlog, William Turton, DEREK MEAD

(小暮ひさのり)