VAIOからAndroidスマホがやってきた! 「VAIO Phone A」DSDS対応で登場

VAIOからAndroidスマホがやってきた! 「VAIO Phone A」DSDS対応で登場

こういうのでいいんだよ、こういうので。

ソニーから分離し、VAIOブランドを育むVAIO株式会社。そのVAIOから、待望のAndroidを搭載したSIMフリースマートフォン「VAIO Phone Aが発表されました。

以前にはWindows 10 Mobileを搭載した「VAIO Phone Biz」を発表していた同社。その反響は残念ながらイマイチでした。しかし本モデルは、OSに定番のAndroid 6.0.1を搭載しただけでなく、2枚のSIMを使い分けられる「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応。そしてDMM mobileからの販売では2万4800円(税抜)と、いい感じに攻めた価格設定とスペックの充実感にある意味「本気さ」を感じさせてくれます。

VAIO Phone A 1

またVAIO Phone Aは、5.5インチのフルHD解像度(1920☓1080ドット)ディスプレイを搭載し、高精細で見やすい大画面なモデルとなっています。

さらに本体はアルミニウムの削り出し加工で高級感も十分。またオクタコアプロセッサ「Snapdragon 617」に3GBのRAMで、ゲームや重めのアプリなども十分楽しめます。

VAIO Phone A 2

通信機能としては、NTTドコモの「VoLTE」や最大約225Mbpsのキャリアアグリゲーションにも対応。また市場のさまざまなMVNOブランドのSIMカードが利用できるだけでなく、データ通信しか使わない場合には「VAIOオリジナル LTEデータ通信SIM(VAIOストア限定商品)」も選択可能です。

VAIO Phone Aは4月7日に販売開始。また3月30日から予約受付も開始します。本体カラーはシルバー1色のみ。PCのVAIOブランドと同じく、VIAOスマホにも大きく躍進してほしいですね。

Google、新モバイルOSの「Android O」プレビュー版を公開。変わるところは?

image: VAIO STORE, VAIO
source: VAIO 1, 2, DMM.com - PR TIMES, VAIO STORE

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE