人間の声シミュレーター『Pink Trombone』がディレイラマを思い出す出来

人間の声シミュレーター『Pink Trombone』がディレイラマを思い出す出来 1

おーあーおーあーい~。

肺から空気が送り出される際に声帯が狭まり、空気が振動し、さらになんやかんやあって発声という働きが起きます。この仕組みをビジュアル的に示しつつ、リアルタイムに発声をシミュレートできるのが『Pink Trombone』です。

Laughing Squidが取り上げた、デモの動画をご覧ください。

こちらはPishtacogames's channelによるもの。

Pink Tromboneのサイトを訪れると、なんとも言えない音が出ていますが、この図は人の喉の簡略断面図を視覚化したもの。右側が唇で左下が喉になっており、任意の部分をタッチorドラッグすることで音色が変えられます

例えば、喉をすぼめてやればブレスの音が強まったり、tongue controlで舌の位置を動かすと丸っこい声になったり、oral cavityで口腔のかたちを変えると音を止めることができたりという具合。実際にシミュレーターを動かしながら自分の喉の動きを意識すると、わりとこの通りに動いてるんだなというのがわかって、サイエンス的感動もあります。

しかし、ピンクのトロンボーンとは上手いこと言ったものです。ディレイラマを思い起こさせるツールですが、iOSからなら操作もしやすいので、上手くやれば「僧侶のアクエリオン」みたいな使い方もできる?


もっと読む
言葉を発しなくても語れる俳優トム・ハーディの素敵な唸り声集
声の主が振り返る、かの有名な"You've Got Mail"誕生秘話

image: Pink Trombone
source: Pink Trombone via Laughing Squid, YouTube1, 2
reference: Wikipedia

ヤマダユウス型