俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

シュワちゃん、マット・デイモンに続け!

惑星移住計画で最初に挙がる星といえば火星ですよね。地球から5600万〜4億100万km離れた赤い惑星は、かつて生命体がいた可能性を持っており、今世紀末には100億人に到達すると言われる地球人にとって魅力的な移住先です。

2017年2月15日には、UAEの副大統領ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームが2117年までに人類居住地区の設立を目指す「Mars 2117 Project」を発表。ただUAEは未だに探査機すら火星に打ち上げていないことを考えると、100年以内に達成することは少し厳しい気もします。

しかし世の中にはもっと無謀でいい加減な移住計画が存在。ランキング形式で火星移住計画ワースト7をご紹介します。

第7位:NASAの「Journey to Mars」

1 俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

image: NASA

早速NASAの「Journey to Mars」計画がランクイン。すでに4つの探査ローバーの着陸を成功させているNASAは、人類の火星の第一歩におそらく最も近いでしょう。2030年代の有人火星着陸へ向けて、着々と人工衛星や着陸船を送りこんでいます。2018年にはスペースシャトルに変わる新たな巨大打上げロケット、スペース・ローンチ・システム(SLS)を打ち上げ予定で、現在は有人飛行にするかどうかを検討中。間違いなく実現可能性が最も高いプロジェクトです。

第6位:イーロン・マスク率いるSpaceXの移住計画

2 俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

image: lookus/Shutterstock.com

2016年9月に具体的な火星移住計画を発表したSpaceX創業者イーロン・マスク。順調に打ち上げ実験を進めており、2017年2月19日には見事FalconX 9 ロケットの打ち上げに成功。数年以内に火星へ無人探査機を着陸させるという計画は十分実現可能そう。ただ10年以内に有人探査を行なうというのはちょっと気が早いか。

さらに最終目標である一般人を数千人火星に移住させるというのは、ロケットがまだ完成していない現段階では遥か遠い未来の話。とは言っても2060年までにマスクが火星の支配者になることはあり得ないとは言えません。もっとあり得ないと思われていた男がアメリカのトップに立っているのを考えればね...。

第5位:UAEの「Mars 2117 Project」

先ほどご紹介したUAEの火星の人類都市計画が第5位に。副大統領自らツイートした想像図をご覧ください。素晴らしいですよね? でも火星にとっては今の不毛の地でいる方が幸せかもしれません。

第4位:大富豪デニス・チトーの火星スリングショット計画

3

image: NASA

世界初の民間宇宙旅行をした大富豪のデニス・チトーが立ち上げた非営利団体「Inspiration Mars Foundation」は、2人の中年男女を宇宙船に乗せ、火星をフライバイして地球に帰還するという計画を立てています。しかし2018年に打ち上げ予定だというのに現在は公式ウェブサイトすら存在しない始末。なのでそのミッションの詳細はまったく不明。こりゃダメだ。

第3位:火星ブームに乗っかりたいリチャード・ブランソン

イーロン・マスクがやるなら俺もやる。イギリスの資本家リチャード・ブランソンは人魚になるだけでは飽き足らず、自分で火星に行く計画を立てました。「火星には広大な土地がある。マスクが西側を取るなら、俺は東をもらう」とデジタルメディアサイトMashableのインタビューで豪語。

彼が設立したヴァージン・ギャラクティックは民間宇宙旅行ビジネスを現実のものにするべく着々と実験を進めています。2014年には1人のパイロットの命が失われた悲劇的な爆発事故もありましたが、いつかは宇宙旅行は実現させそうです。とは言え、火星旅行はまた別の話。

第2位:レオナルド・ディカプリオの火星でバケーション

4 俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

image: Denis Makarenko/Shutterstock.com

レオ様は、2016年ホワイトハウスでのイベントSXSLで、オバマ元大統領、気候科学者と共に環境問題についてディスカッションを行なった際に、火星移住計画にサインしたと答えました。しかしそれはただのジョークだったみたい。映画の役でならいつか行くかもしれませんね。

第1位:壮大な詐欺とも噂される「Mars One」

5 俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

image: Mars One

堂々の第1位は片道切符の火星移住計画で話題になった「Mars One」計画です。2031年までに最初のクルーを火星に送り、移住を進めるという壮大な計画でしたが、ずさんな運営と資金繰りから候補者が詐欺ではないかと声を上げる始末。クルーに選ばれるチャンスが高まると言って候補者からお金を巻き上げています。

たとえ打ち上げまでこぎ着けたとしてもどうやら計画そのものが危ういらしく、2014年のMITのレポートクルーは食糧不足に陥るだろうと報告されています。さらにそもそも資金が足りなさすぎるとの指摘も。見切り発車もいいとこなプロジェクトです。

やっぱり安心のNASAですかね? イーロン・マスクも可能性はあります。皆さんはどの計画で火星に行きたいですか?

人類を火星に移住させる「Mars One計画」は相変わらずずさんすぎる

top image by Aeronutronic Division of Philco Corp, under contract by NASA via Wikimedia Commons
source: Universe Today, Government of Dubai, NASA 1, 2, National Geographic, SPACEREF, Mashable 1,2, 3, TIME, Mars One, The Verge, Twitter 1, 2, ABC News, Virgin Galactic, GQ, MIT

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(Shun)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE