好きだというとちょっと残念な目で見られる映画21選

好きだというとちょっと残念な目で見られる映画21選 1

『タイタニック』は?

誰にでも何となく公言するのが恥ずかしいお気に入りの映画があるのではないでしょうか。筆者は昔だったら『レリック』や『ゴースト・シップ』、『スティグマータ』や『エンド・オブ・デイズ』でしょうか。別に人に力説して勧めるほど面白いというわけではないし、駄作(特に『エンド・オブ・デイズ』)に入るくらいなのに、なぜか自分的に心地よくて繰り返し見たものです。

今日はそんな何となく気恥ずかしくて、好きだというと人から残念そうな視線を送られるかもしれないけれど、実は面白い映画をお届けします。

■『アルマゲドン』

動画はTrailersPlaygroundHDより。

『アルマゲドン』と聞いて1番に思い浮かぶのが、板垣伴信氏。引きこもっていた時に繰り返し『アルマゲドン』を見ながらやる気を取り戻し、ゲーム業界に復帰したというのは有名な話です。

これはDICE 2012で披露したエピソードですが、『アルマゲドン』の名前が出ると「プッ」というか、なんともいえない空気が流れたのを今でも思い出します(この動画を探しましたが見つかりませんでした)。

まぁ、『アルマゲドン』って確かに堂々と胸を張って大好きといえない映画の代表格みたいな扱いされていますが、なんだかんだ言って泣いた人は多いはず。筆者は泣きました。見終わったら「いや〜、どうしようもない映画だ!」って思いましたが。

■『ボルト』

動画はDisneyMoviesInternationalより。

テレビ業界で活躍していて「自分は本物のスーパー・ドッグだ!」と勘違いしている犬の物語。当時、飛ぶ鳥を落とす勢いだったマイリー・サイラスが主人公の少女を、ジョン・トラボルタが勘違い犬ボルトを演じた作品です。

ディズニーがCGに参入して四苦八苦していた頃の作品ですね。ディズニーの黒歴史である『チキン・リトル』ばかりが話題になって『ボルト』は存在感が薄い印象ですが、アクションはあるしストーリーも比較的しっかりしているし、筆者的にはDVD買っちゃうくらい好きな作品。でも「『ボルト』好き」というと、残念というか「なにそれ?」と思われるかもしれません。

■『カンニバル!THE MUSICAL』

動画はDoc182より。

映画学部の課題として作られたんじゃないかとパッケージを見直しちゃうくらい酷い『カンニバル!THE MUSICAL』。トライラーを見ていただければ同意していただけるはず。

でも、ビックリすることに音楽とストーリーテリングは悪くないんです。まぁ、間違いなく駄作の部類なんですが、これを見たことがある人にはある種の連帯感が生まれるので見ておいて損はないかと…。

■『カーズ2』

動画はDisney•Pixarより。

アーロと少年』や『ファインディング・ドリー』とピクサー人気映画のボトム争いを繰り広げている『カーズ2』。

実を言うと、『カーズ』シリーズって子供を持つまで大したことないと思っていました。でも、男の子を育てていると避けて通れない作品。なんども繰り返し見ているうちに「『カーズ』面白い! 『2』は異色だけど、それもまた面白い!」と大ファンに。

確かに陳腐だし、オリジナルのいい部分をぶち壊していると思います。でも『カーズ』の続編ではなく単体でみればしっかり面白い。少なくとも、『アーロ』や『ドリー』よりちゃんと面白いです。

■『クラウド・アトラス』

動画はMovieclips Trailersより。

時代が異なる6つの物語を同時進行させるだけでなく、それぞれの物語で同じ役者に別の人物を演じさせている、「とにかく説明するのが大変だから自分の目で見て確かめて!」と言いたくなる『クラウド・アトラス』。

作品的に素晴らしいのは間違いないのですが、好き嫌いがハッキリするタイプの映画なので、苦手な人からは残念というより「うへ〜」というコメントをもらうでしょう。

■『ジェイソンX』、『フレディ vs ジェイソン』、リブート版『13日の金曜日』

動画はklappozitaより。

動画はForever Horrorより。

動画はWarner Bros.より。

どれも悪くない映画です。実際に見た人から「実は『ジェイソンX』がシリーズ最高だと思う」なんて声も聞こえて来ますし。筆者は『フレディ〜』のあの馬鹿らしさが好きです。

でも、見てない人にとって「ジェイソン宇宙へ行く」とか「ジェイソンが水恐怖症でフレディの攻撃にプルプル」とか「ジェイソンがマザコン」といったフレーズには、「え〜、ないでしょ」と残念な目線を送るのに十分な破壊力を持っています。実際、こういった情報を事前に知った上でなおも見ようと思うのは、かなりの『13金』ファンです。

作品としては面白いですよ。リブート版は今後がどうなるかわかりませんが、筆者は嫌いじゃなかったです。

■『インディペンデンス・デイ』

動画はTrailersPlaygroundHDより。

史上最も素晴らしい大統領演説で知られる『ID4』。『デイ・アフター・トゥモロー』に並んで高い評価を得ているアポカリプス映画です。近年公開された続編はなかったことにしたいほど酷い内容でしたが、オリジナルは最高です。io9が本作を「残念な目で見られる」と評価していることに驚きですが、まぁ、「『タイタニック』が好き」っていうのと同じレベルなのかもしれません。

■『ジャンパー』

動画はTrailerCrazeより。

『SW』新三部作のスター、ヘイデン・クリステンセン主演のタイムトラベルSFムービー。俳優陣の大根演技に目をつぶれば、コンセプトは面白いしアクションシーケンスも悪く無く中々楽しめる作品です。見れば見るほど「馬鹿らしい、でもこんな世界に行って見たいかも」と思わせてくれます。

■『リアル・スティール』

動画はRealSteelMovieより。

スポーツとロボットが好きな人なら外せないのが『リアル・スティール』。ボクシング・ロボットの話なんて…と思われがちですが、ロボットのデザインはシンプルに見えて中々凝っていますし、なによりヒュー・ジャックマンが格好いい。

でも、おそらく食わず嫌いされがちな作品だろうとは思います。特にSFやボクシングに興味ない人には見向きもされないでしょう。

■『ソウ2』、『3』、『4』、『5』、『6』、『7』

動画はMovieclips Trailer Vaultより。

『ソウ』はありとあらゆる面で秀でていたのに、続編は単なるかまってちゃんの自己満足拷問ホラーに成り下がってしまった残念なシリーズ。

筆者はホラーの中でも拷問ものが好き(変な趣味はありません)ですが、どうも2以降の『ソウ』は受け付けない。宗教っぽいというか、説教くさいところがなんとも見ていて胸糞悪いというか…。

io9のGermain Lussier氏は、本シリーズは単体で見るのではなく、1年に1回放送の壮大なドラマだと思ってみれば全体としてのまとまりは悪くない、と書いています。つい最近、『ソウ5』を見直してゲンナリしたばかりですが、Netflixドラマを一気見する要領で耐久『ソウ』鑑賞したら、自分の中の何かが変わるのかもしれません。

■『スカイ・ハイ』

動画はDisneyMoviesOnDemandより。

スーパーヒーロー育成学校に入学したスーパーヒーロー夫婦の息子が実は落ちこぼれで悪戦苦闘する話、なんて聞いて誰が見たいと思うでしょうか。B級臭がプンプンしてきます。しかし意外なことに、中身は決して悪くありません。

パパである伝説のヒーローはカート・ラッセル。衣装がダサいのですが、場を引き締めるいい演技をしています。ストーリーは『Mr.インクレディブル』と『ハリー・ポッター』を足して2で割った感じ。名作同士の足し算ですから外れるわけがありません。とはいえ、好きな映画でコレの名前を出すのは結構勇気がいるでしょう。

ちなみに、ディズニーのティーン向けムービーを侮ることなかれ。子供騙しな作品も量産されていますが、『ワイルド』シリーズでブイブイ言わせているヴィン・ディーゼルをベビーシッターにした『キャプテン・ウルフ』(いわゆる『キンダガートン・コップ』の二番煎じ的なやつ)や続編製作が待ち望まれている『プリティ・プリンセス』シリーズなんかバカにできない面白さです。

■『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

動画はMarvel Entertainmentより。

マーベル映画は「絵的になにやらとても格好いいことしてるらしい」のを大画面で見ることに意味があって内容の良し悪しは大差ありません

しかしあえて表題に沿ったランキングに入れるなら、『ダーク・ワールド』。でも、残念な目で見てくる人たちに一言! トム・ヒドルストンとクリス・ヘムズワースのやりとりは最高でした。

■『ツイスター』

動画はMovieclips Trailer Vaultより。

自然災害パニック映画の金字塔。これがなかったら『ボルケーノ』も『ダンテズ・ピーク』も『パーフェクト・ストーム』も『デイ・アフター・トゥモロー』だって生まれなかったんじゃないか、というほど重要なディザスター映画。

これを劇場で見てびっくりした人も多いのでは。筆者は思い出補正もあると思いますが、竜巻に巻き込まれて鳴きながら宙を舞う牛を目にしたときの衝撃は今でも忘れません。

もちろん本作を好きだということに抵抗はありませんが、劇場で見ていない人からは生暖かい目でみられるかも。でも、どんな作品でも劇場鑑賞とテレビ鑑賞だと温度差はありますよね。最近の映画は特にその傾向が強いような気がします。

■『スウィート・ロード』

動画はUniversalMoviesより。

家族愛コンピューターゲームパワーグローグのロードムービー。80年代をこよなく愛するゲーマーなら、他人にどう思われようと、むしろこの映画を好きなことを誇るべきでしょう。

映画に学ぶ、世界崩壊後に一緒にいてはいけない人たち13選

image: YouTube
source: YouTube(12345678910111213141516

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文
中川真知子

あわせて読みたい

    powered by CXENSE