AppleのOfficeスイート「iWork」がみんなに無料だって

AppleのOfficeスイート「iWork」がみんなに無料だって

さぁ、みんな使い…ますか?

ビジネス文書を作るとなると、Microsoft Officeの独壇場。いや、ビジネスだけではありません、家計簿やカレンダー、年賀状、保育園のお便りだってWordExcelが活躍してます。その位置へ食い込めるか?といったところは未知数ですが、AppleのOfficeスイート「iWork」が無料化されましたよ。

文書入力はWordの代わりに「Pages」で。表計算は「Numbers」、プレゼンテーションは「Keynote」といったように、ほぼ同様のことができて、しかもMicrosoft Office形式のドキュメント読み込みにも対応して、さらには同形式で出力もできちゃいます。これまでは、2013年以降で「新しくデバイスを購入したユーザー」なら無料、だったのですが、デバイスの購入時期に関わらず無料で入手可能に。どうやら、Appleとしては教育機関やビジネスへの普及させたいといった狙いがあるようですね。ついでなのかもしれませんが、「GarageBand」や「iMovie」といったアプリも無料化されています。

Microsoft Officeに代わって、これらのファイル形式が飛び交う時代が来るのか?

といったら、きっとそうじゃないだろうなぁ…。とは思いますけど、手軽に利用できるOffice互換アプリの選択肢が広がったのは喜ばしいことです。

僕も実はiWork派。特にNumbersのレイアウトの自由さと画面の美しさはExcelを凌ぐものだと思っていますよ。マクロなどは利用できませんが、家庭で何かしらの文書や表やデータをまとめるといった用途であれば十分活躍してくれるでしょう。

ただ、相手にiWork形式でファイルを送るのはきっとまだ早い。ご注意を。

ヒーロー誕生! Excelの底を見た男
車載Microsoft Office。…いる?

image: Apple
source: Apple via MacRumors

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE