オーストラリア、サードパーティの修理が理由のiPhone文鎮化は不当とAppleを訴える

  • カテゴリー:
  • News

オーストラリア、サードパーティの修理が理由のiPhone文鎮化は不当とAppleを訴える

なかなか難しい問題。

オーストラリア公正取引委員会(ACCC)は先日、Appleが自社以外の第三者によって修理されたiPhoneiPadアップデートできないよう、いわゆる「文鎮化」した件で、同社を訴えたと発表しました。

訴訟の中でACCCは、2014年9月から2016年2月にかけ、iPhoneやiPadの修理をサードパーティーに依頼したユーザーの端末をアップデートできなくし、利用不能にしたことは違法であると主張しています。これは去年話題になった「エラー53問題」にも関連しているようで、以前、アメリカ国内でも訴訟に発展しました。

Appleの利用規約によれば、割れたスクリーンなどをApple以外が修理した場合、AppleCareを含む保証一切適用されないことになっています。今回のオーストラリア側の主張は、同国の法律はそんなAppleのポリシーを上回る、ということのようです。

ACCCの会長であるRod Sims氏は声明の中で、「オーストラリア消費者法はメーカーの保証とは無関係に存在し、第三者による修理などで消費者保証の権利が剥奪されるべきではない。それは消費者に影響を及ぼすだけでなく、メーカーの独占状態を生み、正当な競争が妨げられる可能性もある」と述べています。

とはいえ、高級服飾ブランドなどでも正規店以外で修理すると保証対象外になっちゃうことがありますし、Touch IDなどのセキュリティ対策を講じ続けているAppleの事情も慮りたいところ。難しいのは、iPhoneがもはや生活に欠かせないレベルにまで浸透していることでしょうか。はたして、どんな判決が下されますか…。

iPhone 8は「画面割れ」もApple Storeでしか修理できない仕様に?

image: magic_quote via Flickr
source: ACCC

Matt Novak - Gizmodo US[原文
(渡邊徹則)