宇宙に向かって青々と光る謎の現象「ブルージェット」その正体がだんだんと判明してきました

宇宙に向かって青々と光る謎の現象「ブルージェット」その正体がだんだんと判明してきました

見た目も影響力も、幻想的...。

成層圏から中間圏にかけて発生する「レッドスプライト」「ピクシーズ」「エルヴス」などの超高層雷放電をご存知ですか?

いまだミステリアスな部分も多くあるのですが、なかでも宇宙に向かう青い雷のような発光現象「ブルージェット」に関しては、科学雑誌Geophysical Research Lettersで公開された研究によって新たに判明したことがあります。

2015年9月にISS基地外10日間の旅から戻った、デンマーク人初の宇宙飛行士Andreas Morgensenさんは、北欧の神話のなかで雷電の神とされる「トール(Thor)」と同じ名前がつけられた雷の研究プロジェクトの舵取り人。ESAによると、ブルージェットが発生したインド上空(高度18km〜40km地点)での巨大な嵐を動画(以下)とカラー写真に収めるのに成功しました。なおブルージェットは雲のうえに広がって一瞬で消えてしまうのですが、なぜ青く光るのかはわかっていません。

こちらは上で紹介した、Morgensenさんがとらえたブルージェットの動画

そして約1年半の研究を経て、動画や画像をもとに進められた研究によると、これは数キロメートルにわたって脈動するブルージェットを初めて映し出したものだということがわかりました。

さらに今回の研究で、「放電の色が比較的弱い青色であることから、ブルージェットは雲のなかの稲妻から光が撒き散ったものではない(放電の色が赤に近いほど高度が高い)」ということがわかり、「こうした特徴を持つ青い沿面放電の観測は、我々の知る限りこの種で初めてのものだ」と述べています。

ブルージェット

プロジェクトの研究者らは、成層圏のブルージェットなどが地球の放射収支にどのような影響を及ぼすかを理解するのに、こうした動画や画像は良いスタート地点になると考えています。また今年中には、NASAによって「Atmosphere-Space Interactions Monitor(ASIM)」とよばれる雷光現象の観測装置がISSに送られて、地球の天候への影響高層大気の雷雨に関する調査が行なわれるようです。

落雷の増加は、大気中の温室効果ガスにも影響を及ぼす、というような話は聞いたことがありますが、ブルージェットがどのように地球の天候に影響するのか...今後の研究結果が気になります。

青白く輝く、木星で観測された巨大オーロラ。木星探査機ジュノーの到着を祝うかのよう
まるでショーのような激しく美しい雷の連打

image: ESA
source: Geophysical Research Letters, ESA, DTUdk - YouTube

Rae Paoletta - Gizmodo US [原文
(Rina Fukazu)