「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする

最速レビュー:iPhoneでの動画作成を「作業」ではなく「楽しい」にするClipsは一刻も早く使うべき

3月21日に突如発表された、Appleの新しい動画作成アプリ「Clips(クリップス)」。

今回、前もって触らせてもらう機会を得たので、実際に動画を作って投稿してみました。

とにかく直感的に操作できて、思いのほか自由度が高い

Clipsはアプリを起動すると、まずインカメラがビデオの状態で立ち上がります。この時点で、いままでのアプリとまったく違うことがわかるはず。Snapchatのような感じです。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 1

赤いボタンを長押しロングタップ)している間だけ撮影される仕様になっています。写真の場合は、撮影した後で、ビデオ中で使いたい秒数だけ長押しすればOK。

そうすると、画面の一番下にあるタイムラインにクリップとして追加されていくわけです。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 2

写真(静止画)に変えたり、ライブラリからすでに撮ってあるビデオや写真を使うこともできます。

素材はすべてスクエア。完全にInstagram仕様です。ライブラリから使う場合、横長や縦長の素材もありますが、ドラッグしたりピンチイン・ピンチアウトすることで好きな画角にできます。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 3

また、ライブラリ中のビデオの場合は、ビデオの下にあるバーを左右に動かすことで、どこから開始するかを決められます(再生中は動かせないのでタップして停止してから操作する必要あり)。開始地点を決めたら、赤いボタンをロングタップしている間のぶんだけ、タイムラインに挿入されます。

タイムラプスで撮影した素材も使用可能。ただし、スローモーションで撮影したものも通常のスピードになるほか、Live Photosを動画として挿入することはできないので要注意。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 4

そしてフィルターの適用などは画面上部のアイコンをタップして操作します。左端から、詳しくは後述するLive Titles(ライブタイトル)フィルター吹き出し・絵文字など、そして全画面でアニメーション付きのテキストを挿入できるポスター、の4種類。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 5

素材となる動画・静止画は、上の画像のようにフィルターをかけられます。写真やビデオでリアルタイムに効果を見ながら撮影することも可能です。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 6

星のマークをタップすると、吹き出しや見出し、図形の挿入が可能。挿入したアイテムは2つの指で拡大縮小・回転できるようになっています。また、右から左にスワイプすることで絵文字の選択もできます。テキストの変更はタップしてから入力。ちなみに月日、時間、場所はリアルタイムの情報を取得しているので、わざわざ手入力する手間が省けるようになっています。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 7

「ポスター」は、いわゆるタイトルやエンドクレジット、場面転換などのトランジションとして活用したい全画面アニメーション。これもテキストを手入力してカスタマイズできます。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 8

こうやって作っていった素材は下のタイムラインに並んでいきます。タイムラインでそれぞれのパートを選ぶと、音声のオンオフ、長さの調整、クリップの削除が可能。また、パートそのものを触れば入れ替えもできます。

このような動画作成スタイルは、いままでに動画編集をしていたひとは逆にとまどうかもしれませんが、非常に合理的だと感じました。

まるでテレビのテロップ! ライブタイトルが面白い

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 9

そして、もっとも感心したのが、自分の声で話しかけるだけで、アニメーションの字幕やタイトルを追加できる「Live Titlesライブタイトル)」という機能。

ユーザが話す言葉が自動的に字幕テロップ)になり、話すスピードとぴったり合ったタイミングで画面に表示されます。36の言語に対応しており、日本語もそのなかに含まれています。というわけで、実際にやってみましょう。以下の動画をどうぞ。

音声で入力して、それをそのままテロップにしてくれる。そして、「タメ」をつくったらそれも反映してくれています。Siriで培った技術が動員されていることは間違いないですが、ここまでスムーズにやってくれるとは恐れ入りました。

様々なスタイルを組み合わせたり、タイトルをタップしてテキストや句読点を変更したり、絵文字を追加したりすることもできます。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 10

また、動画にはBGMがつけられます。右上の音符ボタンをタップすると…

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 11

ポップ、チル、レトロなどといったジャンルからオリジナルのサウンドトラックを選べます。しかも、動画の尺にあわせて自動的にカットしてくれるだけでなく、音声の入っている素材のところではボリュームを絞るといった小粋なこともしてくれます。なお、自分の持っている楽曲を使うこともできます。

思わず共有したくなる

こちらが、実際に作ってみた動画です。中目黒から池尻大橋あたりの目黒川沿いを歩いてみました。撮影した4月6日はほぼ満開といっていいくらい桜が咲いて、とてもきれいでした。

「Clips」最速レビュー:Appleの新しいアプリはiPhoneでの動画作成を“作業”ではなく“楽しい”にする 12

InstagramFacebookYouTubeVimeoなどの人気のソーシャルネットワークや動画サイトにClipsで作ったビデオを直接投稿してシェアできます。

いままでも、iOS用にはiMovieという純正アプリがありました。僕も、iPhoneや一眼で撮った動画を編集して楽しんできました。しかし、「Clips」はまったく異なる趣向で作られた動画作成アプリです。いままでの動画編集アプリに慣れている人ほど驚き、使っていなかった人にとってはとてもしっくりくる操作感になっています。とにかく、いちどやってみるとハマるはずです。

気軽に、毎日のように、動画を加工して投稿する。そんな世の中になるかもしれません。

対応デバイスはiPhone 5s以降、新しい9.7インチiPad、iPad AirおよびiPad Proの全モデル、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)で、iOS 10.3以降で利用可能です。

4月7日にダウンロード可能になるようなので、一刻も早く触ってみてほしいと思います。

(編集部追記 2017/04/07 2:22)

ダウンロードが可能になったようです。こちら(App Store)からどうぞ。無料です。

source: Clips - 新しいビデオアプリケーション - Apple(日本)

(松葉信彦)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE