Behringer初のシンセサイザー「DeepMind 12」、HololensによるAR操作のデモ映像が公開

Behringer初のシンセサイザー「DeepMind 12」、HololensによるAR操作のデモ映像が公開 1

ダフト・パンクよろしくゴーグル装着プレイが捗る?

ドイツの音響機器メーカーBehringer(ベリンガー)が満を持して発表した12ポリフォニックのアナログシンセサイザー「DeepMind 12」。本機はAR(拡張現実)インターフェイスを内蔵していると話題になりましたが、そのアイディアに現実味をもたせる新たなARデモンストレーション映像が公開されました。

こちらはBEHRINGERのYouTubeチャンネルにて公開された動画。ARARしてますねぇ。

わかりやすい部分としてはフィルターやエンベロープなどの視覚化でしょうか。実機上ではフェーダーで表示されている各設定がAR上ではグラフィカルに表示されています。アルペジエーターなども指先ひとつでズララっと動かせるようです。

また、XYZ CUBEと呼ばれるモジュレーションマトリクスにさまざまなパラメーターをアサインすることで、平面的な操作とは一味違う奥行きのあるマニピュレーションを可能としています。この操作はかなりの『マイノリティ・リポート』感ですよ。

某アイドル活動のライブのようにキラキラしたエフェクトなんかも出せたらもっとらぶゆ〜なんですが、AR機能を使うにはHololensLeap Motion、それにPCが必要となります。HololensだけでもDeepMind 12の約3倍近い価格ですし、使いこなせるのはライブプレイヤーやスタジオミュージシャンなどのハイエンド層に留まりそうです。それでもユニークな音が作れるのは間違いないでしょう。

こちらはBehringerのFacebookページからの投稿。

とはいえ、AR情報を例えばスクリーンや空間に投射したり、3DメガネのようなARゴーグルが広まったり、スマホでなんとかなったりすれば事情は変わりそうです。このあたりはテクノロジーの進捗に期待したいところ。拡張現実がステージングを変えるかもしれません。

12ボイスに一級品のエフェクト群! ベリンガー初のシンセサイザー「DeepMind 12」がついに販売開始!

image: © 2017 BEHRINGER. All rights reserved. via YouTube
source: YouTube, Facebook, BEHRINGER

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE