アニメーションテストから最終シークエンスまでを含む実写版『攻殻機動隊』デモ映像

アニメーションテストから最終シークエンスまでを含む実写版『攻殻機動隊』デモ映像 1

デザインだけでこんなに心惹かれるなんて。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のコンセプトアーティスト・デザイナーをつとめるアッシュ・ソープさんが、同作の映像を用いたデモ映像を公開しました。映像にはアニメーションテスト段階のものから最終カットのものまで含まれているとのことです。

キャストやストーリーではなく、アジアンサイバーな街並みやガイノイドのモデリングなど、3Dレンダリングの描写に焦点があてられています。先に公開された9分の予告映像とはまた違ったワクワクを想起させてくれますね。

アッシュ・ソープさんのサイトではロゴデザインやコンセプトビジュアルなども公開中。アッシュさんは早い段階でルパート・サンダース監督と会い、個体のホログラムともいえる「ソログラム(SOLOGRAMS)」なる新しいかたちのネオンライトで都市を彩りたいという監督の思いを伺ったと述べています。

公開されているビジュアル資産は膨大な数にわたり、これだけ見ていても陶酔できるほどです。ぜひ映画とともにお楽しみいただければ。

実写版『攻殻機動隊』を見て押井守監督は何を思ったのか?:「僕に言わせれば相当奇妙な映画だと思う」

image: vimeo
source: Ash Thorp, vimeo

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE