怖…オーバーブッキングのユナイテッドが降機拒否した男性を引きずり降ろす映像

  • カテゴリー:
  • News

オーバーブッキングのユナイテッドが降機拒否した男性を引きずり降ろす映像

動画再生1000万回超え。「そもそもなんで定員オーバーするまで乗せるんだよ」というGizの読者コメントには1000票いいねが入ってます…まったくだ!

日曜シカゴ発ルイビル行きユナイテッド航空機内で降機拒否する男性をずりずり引きずり降ろしていく映像がネットに公開され全米震撼です。投稿したAudra D. Bridgesさんは状況をこう書いていますよ。

ちょうどこの機内にいました。ユナイテッド航空がオーバーブッキングしたので、乗務員が座る席がなくなって、乗客に手当たり次第に降りるように頼んで回ったんです。この男性は医師で、どうしても朝、病院に出勤しなければならない。降りるのを拒んだらこうなって。あまりのことにみな震えてました。ひどいです。#unitedairways

The Courier-Journalからの取材にBridgesさんはさらに詳しい事情を語っています。それによりますと…

ユナイテッドは最初、「翌日3PMの便にしてくれたら400ドル+ホテル代払う」と言ってボランティアを募ったんですが、席を立つ乗客は誰もいなかったそうなんですね。そりゃそうです、みんなお金払って買った席ですから。しょうがないので乗客を全員乗せてから謝礼を倍の800ドルに弾み、乗務員4人分の席が確保できるまで離陸しない!宣言したのですが、それでも降りる人は誰もいません。そこでコンピュータでランダムに降りる人を選ぶ!と総責任者が乗客に宣言したとかいう話です。

動画の男性は自称ドクターで、朝、患者とアポがあるからと言って降りるのを拒否しました。すると、どっかから屈強な男が現れ「ひじ掛けに雑に放り投げ、ずるずると引きずり出していった」のだと、Bridgesさんは言っています。

その後、その乗客の方は錯乱状態で顔から血を流して機内に戻ってきました。そのため機内を「片づける」までゲートで待機するよう、乗務員が全乗客に命じたとのこと。

けっきょく離陸したのは予定時刻の2時間後でした…。米Gizmodoからの取材に対しユナイテッドはこう答えています。

「フライト3411便はオーバーブッキングされていました。ボランティアを募った後、乗客1名が降りるのを拒否したため、警察に出動を要請しました。オーバーブッキングとなった事態をお詫びします。リムーブされた乗客についてのさらに詳しい情報は警察にお問い合わせください」

ユナイテッド航空CEOの事務的な声明。

いやあ…資本主義は、もはや払った分の対価さえ求められない段階に達してしまったんでしょうか…。コスト削減、削減でオーバーブッキングが当たり前の今、いつ誰がこんな風につまみ出されるかわかったもんじゃないっていう怖さがあります…はい…。

UPDATE: 3日後のユナイテッド機内。

こんなアクロバティックな飛行機の座席はいやだ!

image: Facebook/Audra D. Bridges
source: Facebook/Audra D. Bridges, The Courier-Journal, Twitter 1, 2, 3

William Turton - Gizmodo US[原文
(satomi)