印刷もできるしデータも残せる。デジカメ×チェキのハイブリッドなinstax登場

印刷もできるしデータも残せる。デジカメ×チェキのハイブリッドなinstax登場

プリンカムPR21の再来だ!

お手軽なアナログカメラとして現在も生産されている富士フイルムの「instax」シリーズ、またの名をチェキ。撮ったらその場で現像できるインスタントカメラで、余白の広さにサインやコメントを書いたり、シールで盛ったりと遊び方は自由自在。そのチェキに、デジカメとしての機能を搭載したのが「instax SQUARE SQ10」です。

instax SQUARE SQ10 1

従来の、インスタントカメラとしてしか使えなかったinstaxシリーズから、さまざまなデジカメの機能が追加されました。背面ディスプレイを搭載し、そのディスプレイを見ながら撮影画像にフィルターをかけることができます。周辺光量、明るさの調節も可能です。4枚または9枚の画像を1枚のinstax SQUARE Filmでプリントできる機能も面白そう。

センサーサイズは1/4インチとコンパクト。デジタル画像の解像度は1,920×1,920ピクセル。プリント時は800×800ピクセルの解像度になります。必要十分ですかね。またレンズの焦点距離は28.5mmで、明るさはF2.4、ピントは10cmから合います。AF補助光つきのTTLコントラストAFも搭載。撮影感度はISO100~1,600(自動切替)で、フラッシュがついているので室内でも大丈夫でしょう。

instax SQUARE SQ10 2

また800×800ピクセルと紹介したように、新たに正方形のアスペクト比を採用。つまり使用できるフィルムは新型の「instax SQUARE Film」のみとなりますが、撮影したその場で印刷して手にとって楽しめるし、microSDに保存してスマホ・タブレット経由でInstagramなどにも投稿できます。microSDスロットがないiPhoneユーザーとしては、Wi-FiやBluetooth機能を積んでくれなかったのが残念で仕方がないと思っちゃいますけど。

instax SQUARE SQ10 3
前面:レンズの右上と左上の丸いボタンがシャッター

面白いのが、シャッターボタンが左右それぞれに備わっているところ。他の機能に割り当てることもできますが、あえて標準状態で使いたいですね。ほら、もしかしたら左手シャッターで右脳を活性化、直感力や空間認知力を鍛えられるかもしれないじゃないですか!

スマホで撮影、そのあと加工、すぐにプリント。スマホ用プリンター「スマホ de チェキ」シリーズに新型が登場

image: FUJIFILM USA
source: 富士フイルム

(武者良太)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE