AmazonレビューにブチギレたIoT車庫メーカー、ユーザーの端末を接続できないようにする暴挙にでる

  • カテゴリー:
  • News

AmazonレビューにブチギレたIoT車庫メーカー、ユーザーの端末を接続できないようにする暴挙にでる

そりゃ、ダメよ…。

IoT社会が進みだし、すべてがインターネットに繋がる怖さもわかってきました。にっくきハッカーめ…と思いきや、敵は悪事を働こうとするハッカーだけではありませんでした。まさか、プロダクトを売る側のIoTメーカーが敵になるとは。

Ars TechnicaDigital Trendsによると、IoTガレージを提供するGaradgetと顧客であるユーザーとの間で、商品レビューを巡り事件勃発。Garadgetは、WiFiを使って遠隔でガレージを開けたり、開けっぱなしを通知してくれるスマートガレージドアキットを提供しています。2016年にKickstarter、Indiegogoで資金調達に成功し、一般販売も始めたスタートアップです。が、どうやらプロダクトの評判はイマヒトツのよう。Amazonのレビューでは約20%の人が星1つという低評価をつけています。そのレビュワーの1人、R. Martinさんは、アプリが上手く作動しないとGaradgeコミュニティ掲示板に投稿していました。アプリをアンインストール/再インストールしても、端末再起動してもダメだったとし「クソ商品を買ってしまったかも」とコメント。掲示板投稿後、Amazonでも「ゴミ。お金の無駄」と星1つ評価をつけました。事件が起きたのはその後…。

Garadgetの開発者であるDenis Grisakさんが返信コメントを投稿「Amazonに返して返金してもらうしかない。あなたのユーザーID2f0036…は、もうサーバーと連携できないようにするから」と。プロダクトの開発者自身が、嫌なら使うなとばかりにIoTの根幹であるネット連携をカットするという行動にでたのです。Grisakさんは、暴力的な言葉使いや、癇癪をおこしたヤツに付きあうつもりはないと、クラウド接続と共にバッサリとユーザーを切り捨てました。

そしてこのやりとりは、Twitterで取り上げられるやいなや注目の的。そりゃそうでしょうよ、IoTプロダクトを使う場合は、ハッキングの脅威だけでなく、開発元の気分まで気にしなくてはいけないのか?って話ですから。低評価レビューを書くなら使うなとばかりに、勝手に接続を解除されるのでは、たまったもんじゃありません。

Grisakさんは、その後補足コメントを投稿。ただし、謝罪コメントではありません。自身の行動が適切なPRとは言えないと認める一方、「客をクビにしたのはAmazonのレビューのせいではなくて、害になる人から距離をおきたかっただけ」と、あくまで強気な態度。イーロン・マスク氏のツイート(失礼な相手にサービス拒否したのがニュースになるなんて、今日はのんびりした日だね)を引用して、サービス拒否の正当性を訴えています。

嫌なら見るな、マズイなら食べるな、お客様は神様じゃない。とはいえ、IoTプロダクトの場合、今回のように一方的に「嫌なら使うな」ができてしまうのが恐ろしいわけで。これはIoT業界にとって大きなネガティブイメージになってしまいます。

家庭用「IoT監視カメラ」Bluetooth経由でハッキングされる危険性がみつかる

image: Vitality Films - Vimeo
source: Ars Technica, Digital Trends
reference: Garadget - Indiegogo, Elon Musk - Twitter

(そうこ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE