iPhone 8の内部設計図が流出? これはもしや、無線充電パーツか…

iPhone 8の内部設計図が流出? これはもしや、無線充電パーツか…

見慣れぬ部品がありますね。

つい先週から一気に吹き出した感のある、次期iPhone(通称:iPhone 8)の情報流出。どれが正しいのかの見極めはなかなか難しいと思いますが、そんな中インターネット上には「iPhone 8の内部設計図」とされる画像が出回っています。

この画像をツイートしているのは、先日iPhone 8のダミーとされる画像を公開したBenjamin Geskin。またリーク情報でおなじみのOnLeaksも、同じ画像を投稿しています。画像では最近のリーク情報でおなじみとなった、縦二連のデュアルカメラが確認できますね。また、フロントにもデュアルカメラが搭載されているのかな?

そして気になることに、背面には大きな円形が描かれています。こちらは以前より噂される無線充電機能」の搭載を意味しているかもしれません。というのも、この円形のスペースには無線充電(=電磁誘導)するためのコイルが搭載される可能性が考えられます。従来のiPhoneの背面に、こんな大きな円形の部品はなかったですもんね。無線充電技術はすでにApple Watchでも採用されていますし、iPhoneでもぜひ使ってみたいものです。

一方、一部のリーク情報で登場していた「背面のTouch ID」は画像からは確認できません。現在Touch IDがディスプレイに埋め込まれるのか、それとも背面に搭載されるのかについての確定的な情報はなく、もしかしたらApple(アップル)も決めかねている…のかもしれませんね。

見た目にも内部的に大きく進化しそうなiPhone 8ですが、唯一気がかりなのが出荷時期の問題。一部では数週間出荷が遅れるなんて噂もありますけど、やっぱり発売当初はかなりの品薄になるのかな〜。

iPhone 8がデザインテスト段階へ。やはりステンレス&ガラスデザインが有力候補?
これが「iPhone 8」の試作モデル? iPhone 4のような光沢ガラスボディ

image: Benjamin Geskin - Twitter
source: Benjamin Geskin - Twitter, OnLeaks - Twitter via MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE