アナログドラム、FMシンセ、サンプラーを合体させたハイブリッドシンセ「Alpha Base」

アナログドラム、FMシンセ、サンプラーを合体させたハイブリッドシンセ「Alpha Base」 1

1台とは思えぬ幅広いサウンドが飛び出します。

2017年4月20日〜22日の間、電子楽器の見本市「SUPERBOOTH 17」がベルリンにて開催されます。今年で2回目となるSUPERBOOTHはヨーロッパ初の「電子楽器、電子音楽の祭典」として、フランクフルトで開催される「Musikmesse」と同じくシンセ界隈の最先端に触れられるイベントです。

そんな中、出展メーカーのひとつで地元ベルリンを拠点としているメーカーJomoxが、SUPERBOOTHの直前情報として新製品「Alpha Base」を発表しました。そのストイックな音をお聞き下さい。

映像はLESINDESより。

Alpha Baseの大きな特徴は、本物のアナログエンジンによるドラムマシンと、4オペレーター6ボイスのFMシンセ、そして本体内で編集可能なサンプラーという極めてハイブリッドな機能を持っているということ。同社がこれまでに培ってきたノウハウを、文字通り詰め込んだフラッグシップ機です。

20年前、JomoxはRolandの名機TR-909を模したXBase09を発表し注目を集めました。以降もキック専用音源MBase01、パーカッション専用音源M.Brane11などストイックな製品が発表されてきましたが、Alpha Baseのキック、パーカッションにはそれらの技術が惜しみなく使われています。ハイハットはXBase09の後継機XBASE999のものを使用。

こちらはMichaelがアップロードしているXbase09の映像。

さらに11トラック16ステップのシーケンサー、ディレイ・リバーブエフェクト、USB MIDIも装備しており、本機1台でかなりディープなテクノ・ライブが実現できてしまいます(1時間くらいは余裕で回せるのでは?)。今まではまずドラムマシンがあって、あとは好きなシンセやサンプラーを、というセッティングだったのが、全て1台に収まっているワケですね。

直前情報での価格は1699ユーロ(約19万7000円)。アナログドラムとFMシンセが1つのハコから出せるってだけでもうアガりまくりなんですが、それ以外にもこの詰め込んだ感ですよ。絶対楽しい。

シンセ+ドラムマシン+フィルター+ミキサーで構成されるポータブル・シンセセット「minijam studio」

image: YouTube
source: YouTube(12), Jomox

ヤマダユウス型