シリコンバレーが投資した高級ジューサー、マシンを使わずとも素手で絞り出せることが判明

シリコンバレーが投資した高級ジューサー、マシンを使わずとも素手で絞り出せることが判明 1

4万円もするジューサーは不要だった…?!

昨年、ベンチャーキャピタリストから1億2000万ドルの出資を得たことで話題になった高級ジューサーのJuicero。しかし先週水曜日、Bloombergの報道によって身を滅ぼしかねない秘密が明らかになりました。同社が誇る高価なジューサーを使わなくても、自分の手でジュースパックを絞ればジュースが出来上がるというのです。

その誤解を解くべく、木曜日にはJuicero CEOのジェフ・ダン氏がMediumの投稿で、自力でジュースパックを絞っちゃダメ、絶対ダメと反論しました。

JuiceroのCEOはコカ・コーラで働いた経験からして、ジュース販売においていかに自分がふさわしいかと御託を並べた後、投稿の中でJuiceroジューサーがすばらしい理由を綴っています。keurig without machine(マシンなしのキューリグ)のYouTube検索のリンクを貼って、「消費者向け製品をハックするのはなんら新しいことではない」と彼は述べているのです。ですが、そもそも製品がすべきことを素手で行なえてしまうのは厳密にはハックと言えませんよね。キューリグのコーヒーだってポットに出すだけでは淹れられませんから。

では、ダン氏のジュースはいかにして「接続されたシステムが届けてくれる素晴らしい価値を実演している」のか? 3つのポイントがありました。

1.初のクローズドループな食の安全システムによって、例えばほうれん草のリコールがあった際には、間接的にジュースパックを無効にできます。こういった場合に、私たちはリアルタイムで消費者を守ることができるのです。

2.常に味と栄養のベストコンビネーションを届けるため、フレーバーを調整されたジュースパックに一貫したプレスを加えています。

3.私たちの製品は生もので日持ちは約8日と限られているので、タイトな供給プロセスを行なっていくためにデータを接続しています。

不良品のプレスを物理的に防止してくれるジューサーというアイデアはすばらしいと思います(サイトのFAQでは、期限切れのジュースパックも受け付けないと明示しています)。ならむしろ、減量プログラムを提供する企業が遠隔操作で私たちのドカ食いを阻止できるように、アイスクリームメーカーをWiFiに接続すべきなのかもしれません。

ただ多くのIoT製品と同じように、マシンをインターネットに接続すればハッキングや障害が起きる可能性が広がります。400ドルのジューサーを購入したとして、14歳のハッカーが遠隔であなたのジュースパックを無効にしたとしたら? あるいはwifiがダウンしたら? それでも価値のあるジュースを得られるのか? どんな状況でも自分でジュースパックを絞っちゃダメという同社のアドバイスに従っている限り、その答えはノーなんです。

それに続いてダン氏の投稿では話が脱線し、混乱に満ちた現代の生活を良くするためにJuiceroを必要とする人のイメージを綴っています。

その価値は、疲れ果てた父親が、子どもたちに学校の支度をさせながら材料を準備したりジューサーを洗ったりすることなく、どれだけ簡単に自分のためになることをできるかという点にあるのです。生活の中にもっと野菜を必要としている忙しいプロフェッショナルがジュースパックに費やしたお金を無駄にしないよう、期限が切れる前にそれをプレスしろというアプリのリマインダ―を受け取れる点に価値があるのです。

…何だかまるで、選挙演説みたいですね。

さらにダン氏は、Bloombergのレポーターが「4トンものプレスする力」に頼ることなくジュースを絞り出す動画に反論するため、Juiceroの広報部長クリッシー・トラペダッチ氏が投稿した動画を載せています。この動画では、ジュースパックは真っ二つにちょん切られてから、誰か(おそらくトラペダッチ氏ご本人)がバッグの中に手を延ばし、オレンジ色の中身をかき出したところで終わっています。

根本的なことを指摘すると、これはBloombergのレポーターがやったこととも、マシンを使わずにJuiceroジュースを抽出するためにすべきこととも違うのです。Bloombergの動画が示すとおり、力を加えれば手を汚さずともカップにジュースを絞り出せます。なので、なぜトラペダッチ広報部長がパックの中身をわざわざ手でかき出す必要があると感じたのかはわかりませんが、それは個人の自由ですからね。

ジューサーがなくともジュースを絞り出せることをBloombergに取材された投資家たちが知らされていなかった理由や、ジューサーがワシントンD.C.からロサンゼルスへの飛行機代よりもかかる理由については、ダン氏の投稿では答えていません。ですが、お金を返してもらいたいJuicero購入者のために返金は受け付けているそうですよ。

残念ながら失敗してしまった、80年代の革命的ガジェット達

top image: Vimeo
source: Bloomberg 1, 2, Medium, Vimeo

Libby Watson - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE