科学者たちが赤目のミュータント蜂を作っている

科学者たちが赤目のミュータント蜂を作っている

なんでよりによってこんな怖そうな蜂にするの…。

キョウソヤドリコバチ」のゲノムは、実験室でも簡単に繁殖・操作できるため昆虫の中でも大変多く研究がされています。しかし今のところ、キョウソヤドリコバチのDNAを作り変えた例はありません。ならば最初の成功例になろうじゃないかと研究に乗り出したのが、UC RiversideとClaremont McKenna Collegeの研究チーム。彼らはキョウソヤドリコバチの黒い目を赤色にすることに成功したと話しています。

キョウソヤドリコバチは、メスが自分の卵をハエのさなぎの中に産み付けることで知られています。研究チームは、まずキョウソヤドリコバチがハエのさなぎに卵を産み付けるのを見届け、さなぎからハエと卵を取り出します。その後、遺伝子編集技術のCRISPR/Cas-9を使って改変した遺伝子を卵に注射。そしてその卵をさなぎに戻して19日後には、ハイ! ミュータント蜂の赤ちゃんのできあがり!

そしてScientific Reportsに発表された研究結果によると、赤い目の蜂が誕生したそうです。なお赤い目に遺伝子改変した理由は、ゲノム配列の変換が成功したのをわかりやすくするため。赤い目の蜂…かっこいいような怖いような。

このようなミュータントは遺伝性であるため、科学者たちは必要であればミュータント蜂のストックを作っておくことも可能であるとのことです。しかしミュータント作りにおいて、すべてがうまくいくと言うわけではありません。CRISPR/Cas-9でゲノム配列の編集ができると同時に、遺伝子が編集されてしまうことで蜂を殺してしまうこともあるそうです。

すでに日本のリサーチチームがCRISPRを使用してミツバチのゲノムを編集している例がありますが、キョウソヤドリコバチというのは実験室でも簡単に繁殖ができる種であるため、これからのゲノム編集の実験・調査にも大変役に立つと言われています。またキョウソヤドリコバチの未受精卵はオスになり、受精卵はメスになるという不思議な交配ついての研究もできるようになるそうで、研究者たちはワクワクしていることでしょうね。

「鳥になる遺伝子」をスイッチオン! 恐竜から進化したと噂の鳥。進化のヒミツは「遺伝子の使い方」だった

image: Akbari lab, UC Riverside - Scientific Reports
source: Scientific Reports

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)