実験:ヘヴィメタルな路上ライヴでいったいいくら稼げるのか?

実験:ヘヴィメタルな路上ライヴでいったいいくら稼げるのか? 1

赤子連れのパパがノリノリ!

路上の一角で楽器を弾くストリート・ミュージシャン。アコギやキーボードの弾き語りは一般的ですが、路上でヘヴィメタルってのは馴染みがない気がしますよね。

今回は、ヘヴィメタルな路上ライヴでいったいいくら稼げるのか?を実験した動画をお届けします。演奏時間30分でいくらになったのか、皆さん予想してみてください。まるごとハウマッチ!

こちらはRiffShopの動画でした。

本当に弾いているのか疑っている人もいましたが、手を止めるとリアルにジェントしていたのが判ります。

ストリート出身と言えば黒人少年3人組のUnlocking The Truthが一躍有名になりましたが、ヴィジュアル的にメタル要素ゼロのアジア人男性が短パン姿で掻き鳴らしても、ほとんどスルーされてしまうのが寂しいところ。

にもかかわらず、結果は30分の演奏で17ドル(約1,850円)の稼ぎとなりました。動画の通りならチップをくれたのは7人。アメリカの大都会だからなのか、メタルヘッズ人口が多かったようです。。

芸は身を助けるとはまさにこのこと。お小遣いが欲しくなったら、ストリート・メタルしてみてはいかがでしょうか?

メタリカの入場曲としてもおなじみ『続・夕陽のガンマン』の曲をテルミンで熱演

image: YouTube
source: YouTube

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE