あなたが見たブラックホールの写真、本物ですか?

あなたが見たブラックホールの写真、本物ですか?

注:こちらは本物のブラックホールの写真ではありません。

あなたのブラックホールのイメージ、覆るかもしれません。

世界中の望遠鏡ネットワークでできている「Event Horizon Telescope」が、ブラックホールの撮影に成功したそうです。今回Event Horizon Telescopeは10日間かけてデータを収集。世界中の望遠鏡ネットワークを使って、超巨大なブラックホール「いて座A*」が存在しているとされる銀河系の中心から放出された電波を収集・記録しました。

悪天候などもあったそうですが、データ収集は成功。あとはこのデータを分析・解析して画像にしていく作業になるのですが、データ量が膨大で画像になるのは早くても今年の終わりくらいになりそうとのこと。できあがれば、これが史上初のブラックホールの写真となります。

あれ、ちょっと待って。じゃあこれまで見てきたたくさんのブラックホールの画像は何だったんでしょうか?

トップ画像のような写真って、ブラックホールに近づいて撮ったものではないんです。CGでブラックレンダリングされた画像ばかりなのです。

ほかにもたとえば...

ブラックホール 1

これはブラックホールの写真...ではありません。ブラックホールってこんな感じかな?というCG画像です。

ブラックホール 2

image: NASA/Dana Berry/SkyWorks Digital

ではこちらはブラックホールの写真…ではないんですね。これはアーティストの想像画ですね。

ブラックホール 3

image: NASA/JPL-Caltech

はい、これも違います。こちらも上と同じでグルグル渦を巻いて真ん中が高重力になっている想像画。

ブラックホール 4

image: Ryan F. Mandelbaum

これもブラックホールの写真ではありません。Photoshopで簡単に作ったものです。

ブラックホール 5

image: Emma Wallace / Flickr

確かにブラックホールだけれども…違います。

ブラックホール 6

吸い込まれる可愛さですけど、ブラックホールじゃないです。コラッ!

ブラックホール 9

image: Interstellar

これもブラックホールの写真ではありません。映画『インターステラー』で作成されたブラックホールのシミュレーションです。でもこれ、小さなブラックホールがどんな姿かという本物のデータに基づいて作成されたもので、アーティストが作った想像画よりよっぽど本物に近い仕上がりだそうです。

Event Horizon Telescopeで今回撮影した画像の仕上がりもこれに近いものになるんではないかと科学者は考えているそうですよ。

ブラックホール 10

image: Avery Broderick, The Perimeter Institute

最後にこちらは、Event Horizon Telescopeによる7年分のデータを使って、ブラックホール「いて座A*」の姿をコンピュータで作成した画像。ブラックホールの実際の写真ではありませんが、出来上がって来る写真のイメージこんな感じになるんでしょうかね。

ブラックホールは思っていたより100倍大食らい。近づく星を粉々に飲み尽くします

Top image: NASA Goddard Space Flight Center

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(岩田リョウコ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE