これがたぶんFBI長官の極秘Twitterアカウント。4時間で特定しました

これがたぶんFBI長官の極秘Twitterアカウント。4時間で特定しました

「TwitterとInstagramの匿名アカウントは誰にも絶対見つからないようにしている」

ジェイムズ・コミーFBI長官が諜報&国家安全保障連合(INSA)幹部夕食会でそうポロッと口を滑らせたので、ど~れどれと調べてみたら、4時間でそれっぽいアカウント(上)に辿り着いてしまいました。

手順

Twitterに関しては「今は使っている」という言葉しかヒントはなかった(言い回し的に比較的最近の登録と思われる)のですが、Instagramに関してはかなり大きなヒントがありました。

プライバシーはかなり気を遣って大事にしている。Instagramアカウントはフォロワーが9人で、身内と娘のうち1人のボーイフレンドだけだ。まじめに付き合ってるから入れた。ほかの人には写真は絶対見られたくない。プライバシーとネット上のセキュリティはかなり大事にしているよ。公安の仕事だからね。

フォロワーが9人しかいない、1人を除いて全員身内、どうだ! すごいだろう!と鉄壁っぷりを豪語するアピールする長官。しかしここでかなり重要な手がかりを残しています。つまり身内のアカウントを探せばそこから長官も見つかる、ということです。

しかしInstagramはカスタム検索向きではないし、妻と5人の子どもがフルネームで実名を使っているとも思えません。どこから手をつけていいものやらですが、幸い息子のBrien Comey君(22)はケニオンカレッジのバスケ部のスター選手としてかなりネットで目立つ存在であることがわかりました。よっしゃ!

ただ、長官はミドルネームが息子のファーストネームと同じ「Brien」で、律儀に「James Brien Comey」と呼ぶ人も大勢います。これでは父子が混じってしまうので、このように検索をかけてみました。

これがたぶんFBI長官の極秘Twitterアカウント。4時間で特定しました2

はい。こうすればパパJames抜きの息子Brien Comey君に関するコメントだけに検索を絞れます!

すると早速、大学バスケ部のアカウントから「子どもたちにバスケを教えるBrien Comey」というツイートが検出され、その宛先の@twittafuzz(今は削除されています)がBrien君の旧アカウントとわかりました。「ダッドのFBI長官就任おめでとう」というコメントもあったので確定です。

で、いろいろやって辿り着いたのがこちら。

Instagramのリンクを押してみたら、コメント欄にBrien Comeyのタグ発見。おお~と思って開こうとしたんですが、そこはさすがFBI長官ご令息。非公開になっています。これにてどん詰まり、サーチ終了…と普通はなるところなんですが、そうならないところがInstagramの脆さです。

手元にちょうどトランプの息子とニュート・ギングリッチの監視用に作った偽アカウントがあるので、そこからBrien Comeyくんのアカウントにアクセスをリクエストしてみます。すると…

これがたぶんFBI長官の極秘Twitterアカウント。4時間で特定しました3

はい、「おすすめのフォロー先」が出てきました。これ、アルゴリズム解析で選んだ類似アカウント一覧なんですが、ご覧のように夫人をはじめとするComey一族が全員ひっかかってます! 

Comey一族で実名とプロフィール写真がないのはたった2名だけです。うち「フォロワーが9人しかいない」のは1名だけ。それがこちらのreinholdniebuhr(ラインホルド・ニーバー)さん。

これがたぶんFBI長官の極秘Twitterアカウント。4時間で特定しました5

ハロー、長官!

最初はあんまり確証なかったんですが、すこしGoogleで検索してみたらFlat Hat Newsの記事にヒットし、シカゴ大学ロースクールに進学する前に長官は名門ウィリアム・アンド・メアリー大学で宗教学と化学のダブルメジャーで、卒論は神学者ラインホルド・ニーバーとキリスト教右派指導者ジェリー・ファルウェルがテーマだったことがわかりました。

さてInstagramが片付いたところで、次はTwitterです。こちらの@ReinholdNiebuhrはしかし、内容的に長官とは別人と思われます。

「全身トレパントレシャツのビーチバレー観戦になんの意味があろう?」ーラインホルド・ニーバー

でも幸い、「Reinhold Niebuhr」っぽいユーザーネームで探してヒットするのは7名だけでした。

これがたぶんFBI長官の極秘Twitterアカウント。4時間で特定しました6

うち匿名アカウントは1名だけです。それが冒頭のスクショの@projectexile7さんですね。ハロー、長官!

これがFBI長官のアカウントだと思うこれだけの理由

1)アカウントのフォロワーがひとりしかいないのに大物

@projectexile7さんのフォロワーは安全保障ブログ「Lawfare」のBenjamin Wittes編集長ただひとりです。現在フォロワー2万5000人、フォロー中が1,178アカウント。フォロー返しするタイプではありません。名無しの卵アイコン(今月から人型になりましたね)をフォローするからには、そこにはよっぽどの理由があるはずです。

そう思って調べたら、ここに編集長が書いているように長官とはかなり親しい間柄とわかりました。直に編集長にコメントを求めてみたら記事公開後に、「ちょうどその話をツイートしたばかりだ。それ以外に付け加えることはない」という返答をいただきました。はい。

2)ハンドルの「Project Exile」は長官が連邦検事時代に手がけた銃犯罪取締強化事業の名称

3)フォロー中の27アカウントは記者、報道機関、政府、警察ばかり

The New York TimesのAdam Goldman記者とDavid Sanger記者、Washington PostのEllen Nakashima記者とDavid Ignatius記者。全員、トランプ政権とロシア情報当局者との接触に関するFBIの捜査について報道合戦を繰り広げている記者たちです。さらに先述のWittes編集長、ブッシュ政権時代の同僚Jack Goldsmith氏など。トランプ大統領もフォロー中ですが、それは割と最近です。ちなみに一番最初にフォローしたのは@nytimes。

4)唯一の例外は長官の母校のニュース「William & Mary News」とお笑いニュース「The Onion

ザ・オニオン嫌いな人はいません!

5)ツイートは計39本。長官に関する話題のRTが多く、FBI捜査関連1本、トランプ関連3本

以上終わり。ぜんぶ状況証拠ですけど、これだけ揃うと@projectexile7がFBI長官のアカウントでないと反証する方がはるかに大変なのではないかと思います。FBIからは次のような「ノーコメント」の回答をいただきました。

Hello,

We don’t have any comment.

Thank you.

FBI National Press Office

source: Twitter 1, 2, 3, 4, 5, Instagram, Flat Hat News, Lawfare, Style Weekly, William & Mary News, The Onion

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文
(satomi)