流星群、見られなかった方へ。人の光が届かないからこそ美しい星空タイムラプス

流星群、見られなかった方へ。人の光が届かないからこそ美しい星空タイムラプス

こと座流星群、見られましたか?

ハワイにあるマウナ・ケア火山。安定した天候と澄んだ空気という好条件によって、世界中から多くの研究機関がマウナ・ケア山頂付近に天文台をおいています。天文学の点からも非常に重要視される場所なだけあって、ここから見る星空は息をのむ美しさです。それをタイムラプスで見るといえば、そりゃ間違いないでしょう。

Sunchaser Picturesから公開されたこの動画は、SKYGLOWプロジェクトが制作したもの。このプロジェクトは、北米でまだ輝く星空を見ることができる場所を巡り撮影するというものです。輝く星が見えるとはつまり、人工の光に脅かされていない空ということですね。

International Dark Sky協会のレポートによりますと、世界の80%の人は、ビルや道路からの人工の光がにじむ空の下で暮らしているといいます。これは光害と呼ばれ、SKYGLOWプロジェクトは美しい星空をまとめたDVDや本を出版し、光害について訴えています。

人工の光と自然の光。共存するのは難しいのだろうけれど、少なくともこの美しいタイプラプス映像を見ている間だけはそのことは忘れて、どちらの光も楽しみたい。ワガママかな。

顕微鏡でのぞく小さな小さな赤い森
星のサイズの違いがわかる動画

image: Vimeo - Sunchaser Pictures
source: Vimeo - Sunchaser Pictures, International Dark-Sky Association

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(そうこ)