サクサク表示。新サービス「Twitter Lite」最大30%高速になって登場です

サクサク表示。新サービス「Twitter Lite」最大30%高速になって登場です

ブラウザから使えます。

Twitter(ツイッター)は4月6日、「Twitter Lite」の提供を開始しました。これはウェブブラウザからTwitterをサクサク快適に閲覧できる、公式の新サービスなんです。

Twitter Liteはブラウザに「mobile.twitter.com」と入力すれば利用できます。一応スマートフォンやモバイル端末での利用を想定していますが、パソコンのブラウザでも利用できました。

そして同サービスは、データ通信量を最小限に抑えるように設計されており、起動時や利用時の読み込み速度が最大30%向上。またデバイス上の容量も1MB以下に抑えられています。

Twitter Lite

さらに「データ節約モード」を選択すれば、画像や動画が上のような、プレビューをタップして表示する方法になり最大70%のデータ量を軽減。またAndroid向けのGoogle Chromeブラウザでのプッシュ通知、それにオフラインでも利用できる「オフラインサポート」も登場しています。

もちろんデータ通信が抑えられるのは私達にも嬉しいのですが、Twitter Liteの目的は新興国などでネットワークが整備されていなかったり、端末が旧型でも快適に利用できることにあります。

昨年ごろから、経営難の伝えられるTwitterですが、先日には「@ユーザー名の文字数カウント除外」へ仕様変更するなど、ユーザー視点に立った改善が始まっています。お尻に火のついたTwitterが今後どれくらい使いやすいサービスに変化するのか、見守っていきたいですね。

140文字フルに使おう! Twitterリプライ時の@ユーザー名がノーカン化

image: Twitter
source: Twitter

(塚本直樹)