古着から新しい服が生まれる! 化学が実現するアップサイクル・プロセス

古着から新しい服が生まれる! 化学が実現するアップサイクル・プロセス

ファストファッションの衣類は安いから、ワンシーズン着たら使い捨て…でも古着はその後どこにいくんでしょう?

ファストファッションの台頭で、ファッション業界は大量生産や染色による環境汚染の問題に直面しています。古着から天然繊維を上回る良質な再生繊維を生み出すべく、リサイクルの上をいく古着のアップサイクルに、化学が取り組んでいます。

第253回アメリカ化学会(ACS)全国大会で、古着のアップサイクルを可能とする化学的プロセスをフィンランドのアールト大学の研究チームが発表しました。

はかばかしくない古着のリサイクル

研究チームのSimone Haslinger氏は、ファッション業界が直面する問題を提起します。

消費者は衣類のためにこれ以上散財したくないと考えていますが、低品質の衣類は長持ちはしません。着古した服は、少しは雑巾としてリサイクルされるかもしれませんが、ほとんどは埋め立て地行きとなり、大量の温室効果ガスを放出する結果となります。また、人口増加のために食糧の生産が優先され、綿花を栽培する農耕地はもう残っていません

ファストファッションのブランドでも古着の回収など、リサイクルのための取り組みはすでに進められていますが、残念ながら実際にリサイクルされている割合はごくわずかにすぎません。古着の繊維をカーペットや他の製品に組み込む方法もありますが、カーペットも最終的には埋め立て処分されるため、このアプローチは理想的ではない、とHaslinger氏は指摘します。

もっと良い方法は、古着をアップサイクルすること。「衣類をリサイクルするだけでなく、天然繊維をしのぐような、可能な限り最良の再生繊維を生産したい」と、アールト大学でバイオリファイナリー研究グループを率いるHerbert Sixta博士は述べています。しかし、それには高い壁が立ちはだかります。多くの衣料品ではポリエステルとの混紡素材が使われているため、再生プロセスが複雑なものとなってしまうのです。

混紡素材を溶解し新たな繊維を生み出す革新的なプロセス

これまでの研究で、多くのイオン性溶剤がセルロース溶解できることがわかりましたが、新しい繊維の製造に再利用するにはいたりませんでした。しかし今から約5年前、Sixta氏の研究チームは、ジアザビシクロノネンと呼ばれるイオン性液体で木材パルプのセルロースを溶解し、繊維に紡糸が可能な材料を生成できることを発見しました。このプロセスで作られた繊維は、市販のビスコースよりも丈夫で、リヨセルのような手触り。リヨセルは木材パルプを原料とし、環境に配慮するデザイナーに人気の「テンセル®」の商標名でも知られています。

古着から新しい服が生まれる! 化学が実現するアップサイクル・プロセス

(1) 混合素材を溶解 (2)セルロースを分離 (3)新たなリヨセル様の繊維を紡糸
Credit: Simone Haslinger / Herbert Sixta, Ph.D.

このプロセスをもとに、研究者たちは同じイオン性液体を綿とポリエステルの混紡素材に適用できるかどうか見極めたいと考えました。そして、ポリエステルとセルロースのさまざまな性質が研究者の思った通りに作用し、ポリエステルに影響を与えることなく綿をセルロース溶液に溶かすことに成功しました。

Haslinger氏は、この革新的なプロセスについて解説します。

綿が溶けた後にポリエステルをろ過することができました。それ以上の処理工程がなくても、セルロース溶液から繊維を紡糸し、衣服を作るために再利用できたのです

このプロセスの商業化のため、Sixta氏の研究チームは回収されたポリエステルを使用可能な繊維に戻すことができるかどうかをテストしています。また、研究者は全工程のスケールアップに取り組んでおり、古着から染料を再利用する方法を模索しています。

化学だけでは難しいプロセスの商業化

しかしSixta氏は、このプロセスの商業化には化学的なノウハウだけでは不十分と指摘します。

科学の領域は制御できても、ラベルが付いていなければ、どの染料が使われているかわかりません。すべての材料を同一のプロセスで処理するのは不可能です。業界政治家が物流の問題に取り組まなくてはなりません。積み上がる一方の古着の山を、みんなでなんとかしなければいけません

欧州連合とフィンランド政府もこの研究に資金援助しバックアップしていますが、物流や政策の整備が進まなければ、せっかくの技術も生かされません。アップサイクルのプロセスが実用化され、心おきなくファストファッションを楽しめるようになるには、まだ時間がかかりそうですね。

排気ガスで電池は充電できるのか?
3匹そろえばキャッツアイ!? な犬用全身タイツ「Shed Defender」はスーパースーツ

image: TONG4130 / Shutterstock.com, American Chemical Society
source: American Chemical Society, American Chemical Society / YouTube
reference: Wikipedia 1, 2

(Glycine)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE