『スター・ウォーズ』の元ネタが実写化!? 映画『ヴァレリアン』予告編

『スター・ウォーズ』の元ネタが実写化!? 映画『ヴァレリアン』予告編 1

実写版『マスエフェクト』的な趣き。

映画『レオン』や『ルーシー』などの監督を努め、『トランスポーター』や『96時間』などの製作も手がけたフランスの巨匠リュック・ベッソンが仕掛けるSF大作『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ(原題:Valerian and the City of a Thousand Planets)』の予告編の第二弾が公開されました。

こちらはSTX Entertainmentがアップロードした動画。

28世紀の未来を舞台に、時空を越えて人類が住む世界を守るエージェントのヴァレリアンとロールリーヌが、銀河中の種族が知識・文化を持ち寄り成長を続ける都市「アルファ」を訪れ、その地に迫る脅威と立ち向かうことになる……といったストーリー。

驚くほどに壮大な映像。超巨大な街が物語の中心ということもあってか、そのデザインと住民の雰囲気がとりわけ素晴らしい。これはデカいスクリーンで見なくてはいけない映像ですよ!

原作は、1967年から2010年まで続いたフランスのコミック=バンドデシネの『ヴァレリアン・アンド・ロールリーヌ(Valérian and Laureline)』。フランスで大人気のSFコミックシリーズであり、ビジュアル面でスター・ウォーズにかなりの影響を与えた作品でもあります。

今回の予告の0:36秒あたりに登場するミレニアム・ファルコンっぽい船も、実はほとんどコミックそのまんまのデザインだったりします(どれくらい影響を与えているかはブログNothing But Comicに詳しく掲載されていますので参考にどうぞ)。

リュック・ベッソン監督が愛する作品であり、『フィフス・エレメント』の時には『ヴァレリアン・アンド・ロールリーヌ』の作者(アート)であるジャン=クロード・メジエールにプロダクション・デザインを依頼したほど。というわけで今作は監督にとって念願の実写化で、かなりの気合を入れている様子。

今作のデザイン面は、原作の雰囲気は保ちつつ主人公たちのアーマーなどなど『マスエフェクト』っぽい雰囲気もありますね。舞台となる都市「アルファ」の設定も旧シリーズのストーリーの中心となった「シタデル」っぽい。ああいうSF世界が好きな人にはたまらない作品となりそうです。

個人的には1:23あたりに一瞬写っている警備兵(?)のデザインがお気に入り。ぜひ大写しになるシーンで大暴れしていただきたい。そして『バトルシップ』でおなじみリアーナも活躍して欲しいなぁ。

映画『Valerian and the City of a Thousand Planets』は日本では今のところ2018年公開予定。海外では2017年7月公開なので待ちきれるかどうかが心配な所。

ちなみに、原作コミックは残念ながら邦訳版は未発売。英語版はComixologyなどで発売されているのでそこから読み始めてはいかがでしょうか。私もまだ少しづつ読み進めているところですが、映画に合わせて読み始めるなら第2巻「The Empire of a Thousand Planets」がオススメです!

ビートルズ×リュック・ベッソン! SF映画『ヴァレリアン』予告編

image: ©️2017 EUROPA CORP via YouTube
soruce: YouTube
reference: Nothing But Comic, Comixology

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE