【生首ポンポン】ロシア発 やたらとグロいVFXが素晴らしいMV『KOLSCHIK』

【生首ポンポン】ロシア発 やたらとグロいVFXが素晴らしいMV『KOLSCHIK』 1

みっつの作品に共通するのは人体バラバラ。

美的センスユニークで驚かされることが多々ある大国ロシア。そんなロシアからグロ度高しなのに見ていて楽しいミュージックビデオがやってきました。

本作のVFXを担当したのはスタジオ「CGF」。恐怖のリスパニックを描いた映画『Squirrel』や日本公開間近の1人称アクション映画『ハードコア・ヘンリー』も手がけているスタジオです。

今回は、それらの作品の映像も合わせて3本の動画をご覧いただきます。グロテスクな映像も含まれますので閲覧注意です。

動画はCGFのホームページから、FancyShotより。

こちらはロシアのバンド、Leningradの楽曲『KOLSCHIK』のMVです。テーマは「サーカスでの惨劇」。映画『ドクター・ストレンジ』のラストファイトよろしく逆回しです。VFX裏側映像が公開されていないのがとても残念。逆回しとスローモーション、止め絵の合わせ技なのでアニメーションのスムース度がイマイチわかりにくいのですが、血濡れのトラがVFXならすごいリアルだな、と。個人的には『ジャングル・ブック』のシア・カーンより上。

そして、この惨劇のオチ(というかきっかけ)が衝撃的ですね。シャボン玉は人がいないところでやろう…。

お次は、死んだ自分サイボーグになって生き返り、誘拐された妻を助け出すために殺して殺して殺しまくる一人称アクションムービー『ハードコア・ヘンリー』のVFX裏側映像をどうぞ。(関連記事:革命的一人称視点映画『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督にインタビュー

(最後の戦いが映っているので、ネタバレしたくない方はスキップ推奨です。)

動画はCGF // Visual Effects Facilityより。

一人称視点なので、屋上シーンは天球を使って360度見渡せるようにしています。倒れた人が浮くシーンは数人が実際に板の上に横たわり、あとはVFX。全部ではないんですね。

それにしてもファーストパーソンだからしょうがないのですが、カメラが随分シェイキーです。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』や『ウェイキング・ライフ』、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』で頭痛や吐き気をもよおした人は避けたほうがいい作品だと思います。

最後は、同スタジオが担当した『Squirrel』のティザー映像。

動画はMovieclips Trailersより。

リスって常に体のどこかが動いているから、アニメ付けが本当に大変そう。いっそ『アルビン』シリーズのシマリス三兄弟みたいにデフォルメすればいいのかもしれませんが、リアルめのホラーだとそうはいきません。リスが少女を襲うシーンで縫いぐるみが使われているのはちょっとお粗末ですが、まぁ、『ペット・セメタリー2』の愛犬の死体シーンもバレバレな縫いぐるみでしたし、それはB級ホラーのお約束ということで。

ちなみに、このティザーは2013年に公開されましたが、まだプロダクションの最中。公開日は未定のようです。

どれも素晴らしい。第89回アカデミー賞視覚効果賞候補の作品10本をまとめた動画

image: Fancy Shot Agency via Vimeo
source: CGF , Art of VFX(12), Vimeo(12), YouTube
reference: Leningrad, imdb

中川真知子

あわせて読みたい

    powered by CXENSE