アナグマが牛を埋めて数カ月食べ続ける貴重映像

アナグマが牛を埋めて数カ月食べ続ける貴重映像

しめしめウシシと、大物の牛を埋める埋める!

あっという間に隠して独り占めするアナグマ。その姿をユタ大学が初めて撮影しました。このあと数カ月これで食いつないだというのですから、二度驚きです。

場所は、ユタ州のグレートベースン砂漠です。ほかの動物に渡してなるものかと、スカベンジャーの本能フル稼働で自然の冷蔵庫=地下に埋めていくアナグマの姿をご覧ください。

video: University of Utah

うさぎ、げっ歯類を埋める現場はともかく、アナグマが自分の背丈以上もある獲物を埋める姿が目的されたのはこれが初めて。同大博士課程のEvan Buechleyさんはさっそく科学誌「Western North American Naturalist」に成果を報告しました。

Evanさんは、ここのスカベンジャー全般の冬場の生態を調べるため仔牛7頭の死骸を餌としてばら撒き、おのおのカメラを仕掛けておきました。1月のことでした。鳥、ハゲワシなんかの映像が撮れればという気持ちだったといいます。

ところが1週間後、現場に戻ってみると…牛が1頭まるまるこつ然と消えているではないですか! コヨーテかマウンテンライオンが口にくわえて引っ張っていってしまったんだろうか…。辺りを見回してもそれらしい痕跡はどこにもありません。Evanさんはその場にガックリ崩折れました。

「あんなに苦労して死骸を仕入れて運んで仕掛けたのに…『1週間で1頭が水の泡になってしまった』と思って最初はずいぶん落ち込みました」とEvanさんはFoxニュースに語っています。

「でもカメラを向けていた辺りの地面がなんか変だったので、連写をラップトップで再生してみたらアナグマが映っていたんです。アナグマ研究ではなかったのに、あっちから研究テーマが飛び込んできた感じですね」

「あんなに小さいのにあんな獲物を埋めるなんて。まったく驚きますよ」

ハゲワシのアテが外れたEvanさんではありますが、アナグマにも目を細めています。

オスのアナグマは5日間かけて牛の周りにぐるりと穴を掘り、牛の下も掘りまくって埋めました。その体重差はおおよそ3倍から4倍です。埋め終わると付近の仕事部屋っぽい穴にピタッと数日引きこもって獲物を愛で、その後も足繁く通いつめ、けっきょく3月初旬までかけて延々と牛を食べ続けました。論文では、穴に埋めるのはライバルから隠し、長期保存に適した状態に保つため、とあります。

別の現場でもアナグマが牛を埋めようとするところが確認されたので、このアナグマ単体の奇癖ではない模様。

image: Evan Buechley
source: Western North American Naturalist, YouTube, Fox

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(satomi)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE