Microsoft「Windows 10 Creators Update」を一部環境で配信停止中

Microsoft「Windows 10 Creators Update」を一部環境で配信停止中

おおWindowsよ、どうして…。

つい先日リリースされたWindows 10の大型アップデート「Creators Update」ですが、現在Microsoft(マイクロソフト)はその安定性とパフォーマンスに問題があったとして一部環境にて配信を停止しています。

Microsoftの公式ブログによれば、Creators Updateの配信は問題を避けるために徐々に展開されています。また今回のトラブルとしては、どうやらBroadcomの無線デバイスでBluetoothの接続に関する問題が発生しているようなのです。

現在Microsoftは該当環境への自動アップデートを中止しているので、ユーザーが手動アップデートを試みない限り問題はありません。またアップデートの一時回避の手段も用意されているので、アップデートに不安がある人はちょっと先送りして情報収集をしてみるのもいいでしょう。あと、万が一Creators Updateで問題が発生したとしても前のバージョンに戻る手段も残されています。

これだけ予防策があるので、今のところはCreators Updateの配信で大きなトラブルは見受けられないようですね。僕は仮想環境にインストールしてみましたが、問題なく使うことができましたよ。

4/11リリース「Windows 10 Creators Update」誰も使わない素晴らしい新機能たち

image: Anton Watman / Shutterstock.com
source: Microsoft, Microsoft Community, BetaNews, The Register

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE