「Xperia Touch」ファーストインプレション:家にでっかいスマホがやってきた

「Xperia Touch」ファーストインプレション:家にでっかいスマホがやってきた 1

家中どこでもタッチしちゃうぞ。

本日、ソニーの超単焦点プロジェクター「Xperia Touch(エクスペリア タッチ)」の日本発売が発表されました。以前、画面を触れる不思議なプロジェクターとして取りあげた時は「どんな使い方するの?」と半信半疑でしたが、実際に使ってみるとスマホユーザーとしてはとても自然な使い心地でした。以下、会場で体験してきた感触をお届けします。

画面が大きい分だけ、盛り上がりも大きい

「Xperia Touch」ファーストインプレション:家にでっかいスマホがやってきた 2

Xperia Touchの特徴は、投写画面を触れることができるということ。本体にはAndroid 7.0が搭載されており、Google Playストアからインストールしたアプリを投写すれば、そのまま投写画面を触れて操作できます。例えば、家の床、壁、テーブルの上などに投写すれば、そこがスマホの画面になるようなイメージです。会場では白いテーブルが用意されていました。

まずはホーム画面からアプリを起動してみます。操作感はAndroid 7.0が搭載されていることもあり、スマホをいじるのと変わりません。むしろ画面が大きいから使いやすいかも。

はじめに選んだのは飛んでくるフルーツを切っていくゲーム『Fruit Ninja』。会場にいたスタッフの方と対戦してみました。

結果は惨敗…。でも画面が大きい分だけ、体の動きが大きく、体の動きが大きい分だけ、盛り上がりも大きいです。

次に試したのはピアノを弾けるアプリ『Real Piano』。

本物のピアノと同じくらいのサイズ感で鍵盤がテーブルに表示されるため、ピアノ経験者であれば簡単な演奏ができそうですし、初心者であればちょっとした練習に使えるかも?

こういった楽器系アプリを使う場合は、より本物の楽器のシミュレーションに近づけることができそうです。

ただ注意したいのは、Xperia Touchは23〜80インチの大きさまで投写することができますが、投写画面に触れることができるのは23インチの場合のみ。ちょっと残念な気もしますが、80インチで手を伸ばすのも大変ですしね…。

ボイスコントロールは気持ちまで汲んでくれる

「Xperia Touch」ファーストインプレション:家にでっかいスマホがやってきた 3

Xperia Touchはボイスコントロールにも対応しています。「Hi Xperia(ハイ エクスペリア)」と声をかけると、音声認識画面が起動し、天気予報やルート検索をしてくれます。

ただし、現段階では日常的な会話には対応していないので、お願いをする時のコツは「〜を教えて!」と言うこと。

試しに「結婚相手を探して!」と言ってみました。

親切にも、結婚相談所を教えてくれました。しかもGoogle Mapで検索してくれているので、行き方までわかるというっ…!

まだまだ簡単なことしかお願いはできませんが、親身に聞いてくれるXperia Touch。今後のアップデートに期待したいです。

「Xperia Touch」仕様の家が欲しい

「Xperia Touch」ファーストインプレション:家にでっかいスマホがやってきた 4

Xperia Touchはスマホユーザーであれば、スマホの画面が大きくなったような感覚で使うことができます。まさに家に巨大なスマホがやってきたという感じで、特に使い方に戸惑うことはありませんでした。

また従来のプロジェクターでは、YouTubeやクラウド上の写真・映像を写すには様々な設定が必要でしたが、Xperia Touchは本体にAndroid 7.0が搭載されているのでそういったコンテンツを直感的に投写することができます。

例えばGoogleフォトで写真を管理している場合は、Xperia Touch側で同じアプリをインストールしアカウントを紐づけるだけ、いつでも大きな画面で思い出を振り返ることができます。また、YouTubeであればアプリをインストールして、スマホで見る時と同じように好きなものを検索して再生すればいいのです。

光量は100ルーメンとかなり低めですが、会場が少し暗かったためかそこまで気にはなりませんでした。また、写す場所や机などの色、横面か縦面に写すかによっても見え方は変わると思うので、自宅でちょうどいい場所を探すのが良さそうです。

ただ、Xperia Touchは一人暮らしの家では存分に楽しむためのスペースを探すのが少し厳しいように感じました。一軒家や広めのマンションでは問題はなさそうですが、せまーい部屋の床で這いつくばってXperia Touchを操作するというのは、ちょっと現実的ではないですよね…。とはいえ、壁から25cm離せば80インチの大画面で投写できるので、超単焦点プロジェクターとしての性能は狭い部屋でこそいきるのかも。

映像はSony Xperiaより。

発表会では「Xperia Touchは"家族が集う場所、新しいコミュニケーションが生まれる場所を創り出すこと"を目指して作られた」と語られていたように、家族や友人がいる場での映像体験はもちろん、思い出やゲーム体験の共有にはもってこいのデバイスではないでしょうか。いつかはXperia Touchを存分に楽しめる家、そして家庭を作る!という夢を抱かせてくれました。

正式名称「Xperia Touch G1109」の予約は6月9日から、発売は24日。価格はソニーストアで14万9880円(税抜)です。4月21日から順次ソニーストア直営店(銀座、名古屋、大阪、福岡天神、札幌)や、28日から渋谷MODIで展開中のSony Square Shibuya Projectで実物を見ることができます。

1万円でデジタルライフは幸せに? 夢のプロジェクター生活にSwitchしてみた

photo: ギズモード・ジャパン編集部
source: 「Xperia Touch G1109」公式サイト, YouTube

(K.Yoshioka)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE