IoTをポチっと身近にする、ボタンを押すだけの超小型指ロボット『マイクロボットプッシュ』

Buy

IoTをポチっと身近にする、ボタンを押すだけの超小型指ロボット『マイクロボットプッシュ』 1

何を押そうかと、いろいろ考えちゃいます。

今やどこもかしこもIoT。冷蔵庫はアプリで温度を管理し、Levi'sはジャケットでスマホを操作できてしまう世の中ですが、「家電をスマホで操作する」ということにイメージが湧かない人もいるのでは?

じゃあ、まずは簡単なところからIoTの面白さに触れてみましょう。「マイクロボットプッシュ」は既存の家電製品をスマート化する超小型ロボットで、その機能はいたってシンプル。人の代わりにボタンを押す、これだけです。

こちらは製品を開発したNaranによるPV。

たとえば、お風呂の湯沸かしボタンに取り付ければ、わざわざ浴室まで行かずに自室からお湯をはれますし、ベッドの上でコーヒーメーカーのスイッチを入れるなんてことも可能。IoT対応の家電じゃなくてもそうできてしまうのがミソです。

Amazon Launchpadでは第二世代バージョンを取り扱っており、時間に合わせて自動でリマインドする機能も付与されました。また、ハブユニットの「プロタS」があれば複数の「マイクロボットプッシュ」を管理したり、外出先から操作したりが可能になりますよ。

あらゆる家電のスイッチをIoT化させるために生まれたこの装置ですが、上手いことやればゲームの自動化もできそうなんですよね。定期的にAボタンを押すだけで経験値が稼げる、みたいなマップがあればパーペキだと思うんですけど、どうだろうか……。

シンプルゆえに何かと応用が利きそうなのも「マイクロボットプッシュ」の魅力。「IoTってこんななのか!」の入り口以外にも、さまざまな可能性を感じる次第です。

image: Amazon
souce: Amazon 1, 2, 3, YouTube

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE