宇宙でおならをしたらどうなるの? 少しおバカな質問を宇宙飛行士にしてみた

宇宙でおならをしたらどうなるの? 少しおバカな質問を宇宙飛行士にしてみた
image by lineartistpilot / Shutterstock.com

宇宙での生活は過酷そう…。

米GizmodoのRyan F. Mandelbaum記者とRae Paoletta記者が、ハッブル宇宙望遠鏡を修理するために2度宇宙へ行った経験がある、宇宙飛行士Mike Massiminoさんに、宇宙についてのおバカな質問を聞いてみました。

***

Ryan F. Mandelbaum(以下、RFM): 宇宙で最も変わったにおいってなんですか?

Mike Massimino(以下、MM): もちろん宇宙飛行士同士のにおいはします。しかし、私が最も興味深く感じたにおいは、我々が宇宙の匂いと呼ぶものです。初めて宇宙に行った時に、その匂いについて初めて耳にしました。ロシア人宇宙飛行士の一人が、ミール(1986年から2001年までソ連とロシアによって運用されていた宇宙ステーション)で同じ匂いを感じたことがあると言っていました。宇宙遊泳が終わった後、エアロックの中に入って、再加圧してからハッチを開けます。このちょうど数分間に、独特な匂いがします。宇宙がどのような匂いがするのかについては、実際のところ分かりません。でもおそらく、エアロックの中のような、金属っぽいとても独特な匂いだと思っています。

Rae Paoletta(以下、RP): 宇宙食で、最もおいしかったものと最もまずかったものを教えてください。

MM: 最もおいしかった宇宙食は、マカロニ・アンド・チーズです。地球上のよりも調理は簡単ですよ。地球上の場合、水を沸かしてから材料を混ぜますよね。でも宇宙食のマッケンチーズは乾燥化していて、水を加えて10分待てば完成です。最もまずかった宇宙食は、宇宙にいる間には食べなかったのですが、宇宙用アイスクリームですね。今まで食べた宇宙食の中で一番おいしくなかったです。もはや、宇宙食じゃないですね。

RFM: どうやって、シャワーを浴びるんですか?

MM: 宇宙では、シャワーは上手くいきません。表面張力によって水滴がくっつくことで水の塊となり、それで遊んだり飲んだりすることはできます。しかし、物資が限られている状況なので使いすぎないよう気をつける必要があります。シャワーは浴びれないので、布切れを濡らして体を拭き、体を綺麗にします。また水分の少ないシャンプーを使います。少量の水になじませて髪を洗い、タオルで拭き取ります。しかし、実際のところあまりに綺麗にはなっていません。家に帰ったらすぐにシャワーに入りたいですね。

RP: 宇宙服を着ていると、耳がかゆいときにかくことができませんよね。それって最悪じゃないですか?

MM: 実は、そういったときに役に立つものがあります。ヘルメットの中に、ヴァルサルヴァ・パッドと呼ばれるものが入っています。これは耳抜きを行うためにあるのです。みなさま飛行機の中で気圧の変化に追いつけず耳が痛くり、耳抜きをするために鼻を塞ぐことがありますよね。このヴァルサルヴァ・パッドの上に鼻を置くことで、同じように耳抜きができます。それ以外で何かをかきたい場合は、ヘルメットの中で頭を動かしたりします。かゆいところをかくためには、ヘルメットの中のもの何だって使います。

RFM: 大きなくしゃみおならによって、推進力を得ることはできますか? あと、宇宙でのおならってどんな感じですか?

MM: 理論的には可能だと思いますが、実際は反動があります。そのため、考えているような推進力は得られないでしょう。しかし、上手くくしゃみをすることができたら、少しは動くことができるかもしれません。宇宙ステーションのまわりをおならの力で飛び回るなんて、馬鹿げたことを考える人もいますが、言うは易く行うは難しです。

おならについてですが、食事が自分に合わないことがあります。便が少し詰まっていて、トイレに行けない場合はガスがたまっていきます。しかし、おならは空気中を漂うものです。地球ほど、宇宙船内は風通しがありません。汚染物質や二酸化炭素を取り除くためには、空気の流れを作る必要があります。宇宙においても、多少空気の流れを作っています。良い対処法としては、匂いを取り去るために換気しているトイレに行くことです。おそらく、地球でも似たようなものです。おならをする必要があったとして、ひっそりと人がいない場所で行うか、他人を怒らせるかです。このような問題は、乗組員の間に不和をもたらすこともあります。

RFM: うんちについてはどうですか? 処分はどうするんですか?

MM: スペースシャトルのトイレでは、うんちは圧縮して地球に持ち帰ります。宇宙ステーションでは、うんちをプラスチックバッグが入っているタンクにして、袋を縛って底に押し込んで、次の人のために新しい袋を入れておきます。トイレのタンクがいっぱいになった時、トイレの椅子の部分を取り外して、取り残されたタンクにふたを被せます。大きな金属製の容器のようなものです。それから、その容器を補給船に載せます。物資を運んできた補給船は空になっているので、ゴミをその中に入れ、地球に返します。補給船がハッチを展開することで、再突入時にうんちを含めてゴミは燃え尽きます。

RP: 結局、宇宙っていいですか?

MM: もちろんです。本当に素晴らしいものです。神秘的で、今まで見た中で最も美しいと思います。また、私たちのいる地球やこの宇宙全体について学ぶことができます。こういった理由から、私は宇宙は良いものだと思っています。我々はたくさんの発見をしてきましたが、答えを見つけるために宇宙へ行く必要がある謎もあります。私たちはどこから来たのか、外の世界はどうなっているのか、ここからどこへ行くのか。スペースプログラムに就職できるほど幸運であれば、最高な仕事になります。宇宙はとてもいいですよ。

image by lineartistpilot / Shutterstock.com
source: Astronaut Bio

Ryan F. Mandelbaum and Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(tmyk)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE