冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明

冷戦時代の核実験、宇宙気象に影響を及ぼしていたことが判明 1

そんなにも影響があるのか…。

45年間も続いた冷戦時代に、ソ連と合衆国とは核競争ゲームに興じていました。どちらの超大国も互いの領土に核兵器を配備しなかったものの、高高度での核実験は地球の大気に混乱をもたらしたのです。ありがたいことに対立はずっと前に終結しましたが、最近機密扱いを解除された情報からは、それが私たちの予期しなかった形で宇宙気象に影響を及ぼしていたかもしれないことが明らかになりました。

Space Science Reviewsに掲載された新たな論文は、ソ連と合衆国が指揮した高高度での核実験によって、地球の近くに“人工的な放射線帯”が作られたと発表しています。地球は元々、高エネルギー粒子の領域であるバンアレン放射線帯に囲まれていました。しかし核爆発からのエネルギーが大気中に熱くて電荷を帯びた領域を形成し、それが地磁気擾乱を引き起こしただけでなく、さらに独自の放射線帯を発生させたのです。お察しのとおり、その結果は芳しいものではなく、研究の著者たちは、これが地球を極めて低高度で周回していた「複数の衛星に大きな損害を与えた」と記しています。

太陽からの放射線とエネルギーの高い粒子は、宇宙気象という現象として頻繁に地磁気に作用します。これら高エネルギーの粒子が磁気圏に十分に降り注げば、通信衛星や地上の電力網さえも甚大な被害を受けることに。しかしながら、1960年代の核爆発による放射線は人間もまた地磁気に影響を及ぼせるという極端な例ですから、解明するのが重要なだけでなく恐ろしくもあるのです。

それに本当のところ、アーガスやティーク、そしてスターフィッシュといった名前のミッションがこれほどのインパクトをもたらすなんて誰が想像し得たでしょう? 新たな研究では、アーガスのみから放出された放射線がスウェーデンと米アリゾナ上空に磁気嵐による混乱を引き起こしたこともわかりました。

NASAの記事では、研究の共著者でありMITのヘイスタック天文台の副主任であるフィル・エリクソン氏が「実験は人間が行ったものですが、太陽によって頻繁に引き起こされる宇宙気象による影響の極端な例です」と語っています。「もしこういった人為的なイベントの1つによって引き起こされた多少制御されていた極端な出来事で何が起こったかを理解すれば、私たちはもっと容易に宇宙に近い環境の自然変異を理解できるようになれます」とのこと。

さらに宇宙機関は、人為的な地磁気擾乱がどのように大気に影響を与えたかを解明することで、低周回軌道にいる宇宙飛行士を宇宙気象の影響から守る方法をもっとよく理解したいとも願っています。

人工的な宇宙気象を研究することが、この先やってくるであろう巨大ソーラーストームによる電力網とテクノロジーへの被害に対しても光明を投じることになるかもしれません。

image:Everett Historical / Shutterstock.com
reference: U.S. History, NASA, Springer Link
video: NASA Goddard / Youtube

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE