もしドローンに雷が落ちたらどうなる?

もしドローンに雷が落ちたらどうなる?

意外な結果に。

空をふわふわと漂うドローン。普通は晴れた日に飛ばしますが、操縦中に急に曇ってきて、さらに雷に打たれるなんてこともある…かもしれません。そんな悪夢を、Tom Scottさんが実験室にて再現してくれました。

今回の実験が行なわれたのは、マンチェスター大学の高電圧実験室。そして実験台に選ばれたのは、哀れなDJIのドローン「Phantom 3です。DJIのドローンは決して安くはないのですが、そこはドローン業界のスタンダード機種の宿命、幸か不幸かこのような実験によく利用されます。

そして、1.4MVという巨大電圧の雷を落とされたドローンは…見た目にはあまり変わっていない? それにバッテリーも生きています。しかし本体は動作せず。またローターの部分に若干焦げ目ができていますね。

これについて、実験室のスタッフは「バッテリーは金属によってシールドされているから故障しなかったんだろう」と述べています。もし雷のタイミングでドローンを飛ばす必要に迫られたら、全体を金属でシールドしたドローンを飛ばすといいかもしれませんね。

top image: YouTube
source: YouTube

(塚本直樹)