AIによる自動運転へさらに一歩。NVIDIAとトヨタが自動運転車技術のコラボを発表

AIによる自動運転へさらに一歩。NVIDIAとトヨタが自動運転車技術のコラボを発表

より便利で安全な未来を目指して。

自動運転自動車、そしてその技術やテクノロジーは現在多くの人々が注目している研究ですよね。すでに一部の自動運転車は試験運用されていますが、それがより安全で便利で、誰でも利用できるものへと落とし込まれる日もきっとやってくるはずです。

その未来にまた一歩、歩みを進めるための発表がありました。

PC業界ではグラフィックカード「GeForce」シリーズでおなじみのNVIDIAは、トヨタとの技術コラボレーションを発表しました。トヨタが今後数年以内に導入を見込んでいる自動運転システムの性能向上のために、NVIDIAが持つAIによるハードウェアとソフトウェアのテクノロジーを提供するそうですよ。

AIによる自動運転へさらに一歩。NVIDIAとトヨタが自動運転車技術のコラボを発表 1

image: NVIDIA

こちらはNVIDIAの完全自動操縦向け「DRIVE PX 2システム」

自動運転車は、さまざまなセンサーからの情報を処理し、車の周囲360度の環境を理解し、マッピングし、リスク予測するなど、処理能力自体にも高いパフォーマンスを求められます。上の基盤を含む「NVIDIA DRIVE PX プラットフォーム」であれば、手のひらサイズのコンピューターながら、1秒間に30兆回ものディープラーニング演算を実現できるのだとか。

NVIDIAとしてはすでに、中国の検索エンジン企業Baidu(バイドゥ)や車メーカーVOLVOなどと自動運転プラットフォームの共同開発を発表していますが、トヨタでも活用されるとなると、いよいよその未来も加速されそうです。

行き先を告げるだけで、勝手に連れて行ってくれる車。その実現には確かな安全性や法整備など、クリアするべき問題は沢山ありますが、きっと多くの人を助けてくれるに違いありません。

ワクワクしますね。手塚治虫の世界みたい。

ホンダ×Google(Waymo)のタッグとなるか? 自動運転技術の共同研究を検討中

image: NVIDIA / Flickr
source: NVIDIA 1, 2

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE