いい夢を見るブタが食べたいでしょ? 映画『オクジャ』からのメッセージ

いい夢を見るブタが食べたいでしょ? 映画『オクジャ』からのメッセージ 1

フリーレンジエッグの豚肉版?

『グエムル-漢江の怪物-』、『スノーピアサー』などの作品を手がけ、華麗なる飛び蹴り、ツッコミどころ満載な設定、グロの中に美を光らせる圧倒的な映像美、ぶっ飛んだキャラクターで世界を魅了し続ける、ポン・ジュノ監督。

そんな韓国の鬼才の最新作となる、Netflixオリジナル映画『オクジャ』の最新映像が公開されました。

動画はNetflix US & Canadaより

ミランド・コーポレーションの社長、ルーシー・ミランドを演じるティルダ・ウィンストンが満面の笑みで登場。

ミランドのビジョンがすでに各家庭に届いていること、取り扱っている商品がすばらしいこと、動物の健康に気を配っていること、そして最新の研究で、「豚が夢を見ている」ことを発見したと語っています。

「ミランドの豚は幸せな夢を見ていますが、残念ながら悪夢に苦しむ豚もいるのです。どんな夢かはわかりませんが、おそらく――」

精肉工場豚肉が加工されていく様子が耳障りな効果音とともに淡々と映し出され、いたたまれない表情を浮かべるウィンストン。豚も私たちと同様にいい夢を見る権利があるとのことです。

美味しいテンダーロインの秘密は? 優しさです――

ウッ…! なんとエグい……。

豚肉を喜んで消費している人々でさえ、食用豚が育てられている姿を見せられたら心を痛めるということでしょうか。どうせなら最後の時を迎えるまでいい環境で育ってほしい、そう思っている人は多いかもしれません。でも、だからといって、いい夢を見る豚が食べたいか?と聞かれたら、そこまでは望んでいないというか……でも豚は食べたい……という、なんだか人間の偽善敵な面をあらわにするかのような内容です。

『オクジャ』は「愛と友情を描いた心揺さぶる物語」と言われていますが、本当のテーマは脱肉食なの可能性も? 筆者はこの映像を見てから、ベジタリアンになろうかな……と心を揺さぶられています。

相変わらず目の付け所が鋭いポン・ジュノ監督の最新作、Netflixオリジナル映画『オクジャ』は6月28日(水)全世界同時配信。

image: (c) Netflix. All Rights Reserved. via Kimberly French/Netflix via Gizmodo io9
source: YouTube via Gizmodo io9

中川真知子

あわせて読みたい

    powered by CXENSE