そもそも人は火星で生活できるのか…?を徹底考察してみた

そもそも人は火星で生活できるのか…を徹底考察してみた
image: Elena Scotti/Gizmodo/GMG, photos via Shutterstock

そもそも不可能だったりして?

どんどんと宇宙が身近になっているようです。宇宙空間へ飛び出して、外から地球を眺めるくらいなら、お金さえ支払えばだれでも可能な時代まで現実となってきました。そして人類は火星へと向かい、ついには火星に定住するコロニーを築く…。

火星への移住計画には、Elon Musk氏の率いるSpaceXやNASA、さらには中東のアラブ首長国連邦(UAE)まで名乗りをあげている白熱ぶり。とはいえ、このほどポーランドのジェシュフにあるUniversity of Information Technology and Managementで研究を進める科学者のKonrad Szocik氏は、安易に人類の火星移住を唱えるべきではないと警鐘を鳴らす論文をScienceDirectから発表していますよ!

結論から述べるならば、火星への道のりや火星上での生活環境は、心理面でも身体面でも大きな挑戦となり、人類が生き延びることすら難しいレベルとなりえる。一例をあげるだけでも、ミッションの間に健康上の問題を抱え、専門の医療やヘルスケアを受けられない危険について考えてみてほしい。

同氏はこのように語って、どんなに健康な人間でも、深刻な病気にかかったりしない保証はないと説明します。地球を長く離れたなかで、どのように医療上の問題と向き合っていくのかの課題を引き合いに出していますね。さらには、隔絶された環境でどれほど人は健康に生きられるものなのか、当初の火星移住に向かう人々が経験するであろう孤独感がおよぼす精神面でのダメージは計り知れないとしています。

また、NASAで研究を進めた科学者のMark Shelhamer氏も、こんなふうにコメントしました。

心理面での健康を維持できるかが、大きな懸念となりえるのは事実だ。国際宇宙ステーション(ISS)での訓練は、火星へのミッションにおいて十分なトレーニングの場とはならないだろう。ISSでの生活も、閉ざされた環境で孤独を経験する。しかしながら、クルーメンバーは3カ月ごとに入れ替わって新たな顔ぶれがやってくる。また、精神的にクルーメンバーをサポートする、非常に強力で効果的なシステムが用意されている。宇宙飛行士は、常に家族や友人、医師や精神科医と、時間差を気にせずに会話できる環境すら整っているのだ。

すでにNASAでは、火星での擬似生活を長期間にわたってテストする「HI-SEAS」プロジェクトなどを進め、そこで実施された「隔絶された環境が精神面におよぼす影響の調査」を詳細に把握しようと努めています。たとえ外部と切り離された孤独な生活環境でも、健康な状態で生活できないわけではないとのポジティブな調査結果も出てきてはいます。でも実際に火星へ最初に向かったとき、しばらくは孤独に暮らし続ける過酷な移住環境が、どんなインパクトを与えるのか未知数の部分も多いでしょう。

Szocik氏の論文では、さまざまな問題点を解決するうえで、宇宙飛行士を昏睡状態に陥らせ、火星に到着するまでは身体面でも精神面でもダメージを最小限に保つことが推奨されています。さらにアメリカ国立衛生研究所(NIH)は、万が一虫垂炎になっても手術できないので盲腸は切除していくなど、医療上の懸念を最大限に取り除いていくことも解決策にあげられていますよ。

そしてSzocik氏はこのように語っています。

結局のところ、医薬品でカバーできることは限られるだろう。究極の対策として、遺伝子的かつ(または)外科的に人体に修正を施すことまで必要になってくるはずだ。

人類は地球上での生活に適応した身体を備えるようになりました。それゆえに、もし地球環境を離れて別の惑星へ移住するとなれば、そこでの新たな環境に備えた身体構造へ作り替えていかねばならなくなると、人体改造計画までSzocik氏は提唱しています。

(地球とは異なる)低重力の環境と宇宙放射線が、生殖過程にどのような影響を与えるのかも未知の世界でしかない。とはいえ、有害なインパクトをもたらす危険性が、十分に予期されている。

もしあらゆる課題をみごとに克服し、人類が火星へとたどり着いて、しばらくはそこで居住できたとしましょう。でも、長い目で見るならば、地球を離れた火星上で、子どもを産んでコロニーを拡大していったりできるのでしょうか? Szocik氏は、単に移住者の人体を改造するのみならず、クローン人間を火星のコロニーでは量産するなど、通常の生殖過程に頼って人類が繁殖していく計画は捨てねばならないとまで語っています。

人類が夢に掲げてきた別の惑星での新生活…。でも、実際の課題は、想像以上に山積みなのかもしれませんよね。

SpaceXの火星旅行のお値段は2,000万円! 命がけの旅は安いか高いか?
俺が最初に火星に行く! 現在進行中の火星移住計画ワーストランキング7

image: Elena Scotti/Gizmodo/GMG, photos via Shutterstock
source: ScienceDirect

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE