更新を続けるクソフルート、できてないけどできてる感がもはや達人の域に

更新を続けるクソフルート、できてないけどできてる感がもはや達人の域に 1

チャンネル登録数18万が物語る中毒性。

SNSでの人間関係や、いいねの押しあいに疲れた現代人に捧げたい、クソフルートシリーズ昨年12月にも一度紹介しましたが、久しぶりにShittyfluteのチャンネルを訪れたら50本以上の新作が投稿されていました。ちょっとペースやばない?

なんでラップをやれると思ったのか……。とはいえ、『Viva la Vida』なんかはかなりイイ線いってると思います。メロディー、ハーモニー、リズムが音楽の三要素と言われていますが、リズムさえ合ってればなんとか補完できるんだなって。人間の脳ってすごいんだなって。

これだけ投稿していてなぜ上達の兆しが見えないのか。もしあえて見せていないとしたら見事なポンコツ演技ですし、ガチならそれはそれでポンコツ芸ですし、そういう意味でも達人の域まできてる気がします。今、達人の定義があやうい。

有名ポップミュージックの数々をクソフルートで脱力カバー

image: YouTube
source: YouTube(12345

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

    powered by CXENSE