勝者は誰に? 主要VRヘッドセットの売上予測データが公開

  • カテゴリー:
  • News

勝者は誰に? 主要VRヘッドセットの売上予測データが公開 1

なんと、あの子じゃありません。

昨年は「HTC Vive」に「Oculus Rift」、そしてソニーのVRヘッドセット「PlayStation VR(PS VR)」が発売されるなど、まさにVR元年でした。そんな盛り上がりも落ち着いてきたところで、2017年第1四半期におけるVRヘッドセットの販売台数予測データが発表されています。

VentureBeatが紹介しているSuperData Researchのデータは以下の通り。少し意外なヘッドセットがトップセールスになると予測されていますよ。

Gear VR:78万2000台
PlayStation VR:37万5000台
Google Daydream:17万台
HTC Vive:9万5000台
Oculus Rift:6万4000台

VRヘッドセットの中でも発売時期の早かったOculus RiftやHTC Viveは思ったより少ないですね。そしてトップセールスが予測されるのは、Gear VR。これはGear VRの100ドル(約1万1000円)という価格の安さが、7万円〜10万円前後もするハイエンドVRヘッドセットとの間に差をつけたのかもしれません。

そして、かなり健闘しているのがPlayStation VR。発売時は日本でもだいぶ盛り上がりました。現在もPlayStation VRは品薄が続いていますが、そろそろ目玉となるゲームタイトルの追加が欲しいような気も…?

PCにしろゲーム機にしろ、やはりVRのさらなる普及には「コンテンツの充実」が大事になりそうです。2017年はどんなVR体験が楽しめるのかな?

MRが4万円でできてしまう時代に…。Microsoft製のMRコントローラーも発表

image: Halfpoint/shutterstock.com
source: VentureBeat

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE