「YouTube Kids」アプリ、国内でスタート! 子ども向けの動画だけを表示する安心設計

「YouTube Kids」アプリ、国内でスタート! 子ども向けの動画だけを表示する安心設計
image: 山本勇磨

娯楽も教育もYouTubeで。

本日5月31日、YouTubeは子供向けのYouTube視聴アプリ「YouTube Kids」を公開しました!

子ども向けの動画コンテンツのみを表示し、操作しやすいインターフェースを採用。そしてタイマーなどの制限機能など、子どもとっても親にとっても、より安全にYouTubeが視聴できるアプリとなっていますよ。

YouTube Kids 1
image: 山本勇磨
タブレットで表示

アプリを開くと、このように子ども向けの動画がズラッと並びます。ページの上部には4つのアイコンがありますが、こちらはYouTube Kidsが掲げる4つの大きなカテゴリー。左からアニメ・ドラマおんがくまなぶ(教育系動画)、はっけん(やってみた系動画)です。

また、この4つのカテゴリー以外に、右上の虫眼鏡アイコンから動画検索をすることもできます。

YouTube Kids 2
image 提供: Google

キーボードでも検索できますが、まだキーボードを打つことができない年齢の子どもに合わせて音声検索も選択できます。この大きなアイコン、シンプルでわかりやすくてクール!

YouTube Kids 3
image 提供: Google

このアプリは子どもが使うだけではなく、親によるペアレンタルコントロール機能も搭載。パスワードを設定して、必要に応じた制限をかけることができます。

YouTube Kids 4
image 提供: Google

たとえば、動画の見すぎを防ぐタイマー機能。時間がくると自動的にアプリがロックされ、親がパスワードを入力するまで動画が視聴できなくなります。ほかにも、動画の検索を制限して、YouTube Kidsがレコメンドした動画だけを視聴できるモードなどがあります。

さて、YouTube Kidsの国内リリースに合わせて、日本のエンタメ企業も動いています。たとえば、150万部を突破した絵本『おしりたんてい』や、少年雑誌『コロコロコミック』のアニメ化が決定し、今後YouTubeで無料公開されます。ちなみに、このアプリでみることができる動画は、すべて通常のYouTubeでも公開されており、YouTube Kids限定のコンテンツはありません。

Netflixのキッズ版なんかと似ていますよね。すべてのコンテンツが見られる通常版があって、その中から適切な動画コンテンツを選別するという手法です。しかしながら、YouTube Kidsが他の子ども向け動画サービスと大きく違うことが、1つありました。

それはYouTuberやYouTubeクリエイターの存在です。アニメや企業のチャンネルだけでなく、一般人でも知識やアイデアを動画で共有できることがYouTubeの強みであり、YouTube Kidsでももの凄いスピードで新しい動画が更新されていくのです。

YouTube Kids 5
image: 山本勇磨
YouTubeのMalik Ducard氏

さて今回の国内リリースに合わせて行なわれた発表会では、YouTubeグローバル ファミリー&ラーニングのコンテンツディレクター Malik Ducard氏が登壇。

Ducard氏によると、YouTube Kidsはすでにアメリカをはじめ、28カ国・7言語で展開し、週800万人のアクティブユーザーが利用しています。また、教育的コンテンツは1日で5億回再生されているとのこと。海外ではすでに人気だったんですね。

最近の子どもにとって、YouTubeの影響力ってホントに大きいな〜と思います。流行っているものは大人の自分より詳しいし、英語の動画を見るのも抵抗がないし、なによりYouTubeの話題で子ども同士が会話しているのをホントによく聞くのです。

YouTubeってなんか怖いなと思っていた親御さん、ぜひお子さんにYouTube Kidsを渡してみるのはいかがでしょ?

Amazonから新型タブレット「Fire 7」「Fire HD 8」が登場。これからは7、8、10でお願いします
iPadでプログラミング学習! 「Swift Playgrounds」が日本語対応です

image: 山本勇磨, 提供: Google
source: YouTube, 東映アニメーション / Twitter

(山本勇磨)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE