もしアートではなかったとしてもかっこいい、MMAの名シーン集

もしアートではなかったとしてもかっこいい、MMAの名シーン集 1
Image: Michael Reaves/Getty Images Sport/ゲッティ イメージズ

芸術か否かで賛否はわかれるものの、人間業とは思えない戦いでファンを魅了する、MMA(Mixed Martial Arts、総合格闘技)。

派手なノックアウトの場面に目がいくことの多いスポーツですが、開始直後に選手が中指を立てたり、ノーガードで攻撃を誘ったり、さらにはアッカンベーをしたり、まるで格闘ゲームのような、やられたらイラっとする挑発が見られることもあります。

今回はそういったMMAの記憶に残る名場面と、いくら殴り合ってもお互い一歩も引かない好ファイトが収められた、MMAのイカしたシーン集をどうぞ。

Video: kyokushinbul/YouTube

「受けて立つ、この場で決着をつけてやる」と言わんばかりにマットを指差すマックス・ホロウェイ。そのあと真っ向勝負で勝利するところがかっこいいです。

元ボクシング五階級制覇王者であるフロイド・メイウェザー・ジュニアとの対戦の行方も気になる、コナー・マクレガーは両手ブラリどころか、両手を後ろに組む仕草で相手を挑発。もの凄い度胸、そしてきっちり勝つ強さにしびれます。

他にもバックドロップやフェンスからの三角飛び蹴り、コーディ・ガーブラントの舌出し&ヘンな踊りによる挑発など、名珍場面が続きますが、最後はディエゴ・サンチェス対ギルバート・メレンデスの白熱した一戦。およそ20分にも渡る、MMA史に残るであろう名ファイト。全容が見たい方は、UFC公式サイトの動画でチェックしてみてください。

Image: Michael Reaves/Getty Images Sport/ゲッティ イメージズ
Source: YouTube, The Official Website of the Ultimate Fighting Championship® (UFC)

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE