アニメ『カウボーイビバップ』がアメリカで実写TVシリーズ化!

アニメ『カウボーイビバップ』がアメリカで実写TVシリーズ化! 1
©サンライズ via 株式会社バンダイナムコホールディングス

宇宙を舞台に賞金稼ぎたちの活躍を描くスタイリッシュなアニメ『カウボーイビバップ』がアメリカで実写テレビシリーズ化されます。

SUNRISE Inc.によれば、今回の実写版は『プリズン・ブレイク』、『トゥルー・コーリング』などのテレビプロデューサーとして知られるマーティ・アデルスタインのTomorrow StudiosMidnight Radio、そして株式会社サンライズの共同プロジェクトとのこと。

Midnight Radioは、脚本家のジョッシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック(マイケル・ベイがプロデュースした実写映画版『ミュータント・タートルズ』シリーズ、『ノンストップ・スリラー「暴走地区-ZOO-」』など)、脚本家/プロデューサーのジェフ・ピンクナー(TV『エイリアス』、『LOST』、映画『ダーク・タワー』、年末公開予定のリメイク版『ジュマンジ』など)、俳優/脚本家/プロデューサーのスコット・ローゼンバーグ(『コン・エアー』、リメイク版『ジュマンジ』)らによるチームです。彼らはサンライズとともに、実写版の製作総指揮にあたる模様。アデルスタインはアメリカの観客向けに実写版を作るにあたって、以下のように期待を語っています。

アニメバージョンは長きに渡り世界中の観客と共鳴してきました。止まらない人気で成長を続けるアニメにとって、今実写版が与えるインパクトはとても大きなものになると思います。

Video: Red Moss/YouTube

『カウボーイビバップ』はクリエーターを含め、現在でも世界中に熱狂的なファンがいる、1998年に放映されたアニメ。人類が居住不能となった地球を去り、さまざまな惑星に移住した世界を舞台に、犯罪者を追うバウンティハンターたちの活躍を描きます。

賞金稼ぎのスパイク・スピーゲル、スパイクの相棒で元刑事のジェット・ブラック、元イカサマ師で過去の記憶を失っているフェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエドワード・ウォン・ハウ・ペペル・チブルスキー4世、超絶に頭のいいコーギーのアインといった個性的な登場人物たち、そして前述の動画の『Tank!』を筆頭に、菅野よう子さんが手がけた名曲ばかりのジャジーなサウンドトラックも絶大な人気を誇る作品です。

以前、制作が中止になった実写映画版では、スパイク・スピーゲルをキアヌ・リーブスが演じるという話がありました。今回のTVシリーズ版ではいったい誰がそれぞれの登場人物たちを演じるのか、そしてアニメの映像がどのように実写に落とし込まれるのかが気になるところです。
弐瓶勉原作の劇場アニメ『BLAME!』瀬下寛之監督にインタビュー
死神リュークの声が! ハリウッド実写映画版『デスノート』ティザー

Image: ©サンライズ via 株式会社バンダイナムコホールディングス
Source: 株式会社バンダイナムコホールディングス, Gizmodo io9, YouTube

abcxyz

あわせて読みたい

    powered by CXENSE