ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」

Sponsored

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 1

Sponsored by Galaxy

VRのアプローチとしてこれはアリだな!って。

2016年はVR元年。さまざまなVRグラス、テクノロジーが登場しましたよね。続く本年も、さまざまなVRガジェット、コンテンツが登場して、VRはさらに加速していくと予想されます。

そしてその盛り上がりを見せるVRシーンにおいて、注目されているのがワイヤレスのVRシステムです。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 2

例えば「Galaxy Gear VR with Controller」は、今後のVRのいちジャンルを牽引するかもしれませんよ?

これがどうすごいのか?を知ってしまうと、すでにVRガジェットを手にしている人も、少しだけVRに興味があるという人も、そのワクワクを刺激しちゃうんじゃないかなぁ〜って思うんですよね。

ワイヤレスでしがらみのないVR世界へようこそ!

VRは没入感の高い映像やゲームを楽しめるというのが一番の魅力です。

しかし、その一方で行動範囲が限定されたり、自由な格好で楽しめないといった弱点もあります。据え置きハードやハイエンドPCといった大掛かりなシステムが必要になるVRシステムでは、ハイクオリティのVR世界へ飛び込むことができますが、一方でケーブルで現世(PC)とつながっている現実が…。

せっかくモニターという概念に縛られなくなったというのに、ケーブルのしがらみからは抜け出せないのです。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 3

こういったデメリットを解決するためのアプローチの1つが「Galaxy Gear VR with Controller」なわけです。

Galaxyブランドは、2014年末に世界に先駆けて「Gear VR」を発表して話題になりましたよね。このGear VRはその後も改良を続け、最新モデルとなるこの「Galaxy Gear VR with Controller」は、手軽に味わえるVRデバイスの中ではトップクラスの使い勝手と、360°コンテンツのクオリティが自慢です。

でも、どうやってワイヤレス化しているの?

と、疑問にも思いますよね。実は答えはすごくシンプルで、上の写真のようにスマートフォン「Galaxy」シリーズをビルトインするんです。これだけで、しがらみのないワイヤレスかつポータブルで、持ち運べるVRシステムを実現できちゃうんですよ

ケーブルレスなので、どんなアクロバティックな体勢でもOKですし、それこそ寝室でごろっと寝落ち上等なスタイルでも楽しめますね。せっかくの仮想空間への旅、自分の好きな格好で楽しみたいですし、そういった自由な部分を生かしたコンテンツも期待できます。なにより、いつも使っているスマホをセットするだけといった使い勝手のよさは魅力ですね!

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 4

ヘッドマウントは本体だけで345g、これにスマホの重量が加わるわけですが、人間工学に基づいたデザインによって、顔に触れるエリアは最適化され、体感重量は抑えられています。また、光漏れといった没入感を阻害する要素も排除されていますよ。フィット感ってやっぱり大事ですし、長時間遊ぶのであればこちらも見逃せない要素です。

また、注目すべきデバイス構造としては、どこまでの視野(FOV=Field of View)を得られるかという点も、VRの評価に直結するポイントでしょう。

Galaxy Gear VR with Controller」は直径42mmの大型レンズで、101度という視野をカバーしています。歪み補正技術も搭載されていて、目や頭への負担を最小限に抑えるといった工夫も施されていますよ。また、本体にはジャイロセンサーと加速度センサーが内蔵されていて、正確でスムーズなヘッドトラッキングが実現されています。もちろん、フォーカスだって装着者が見やすい距離に調整可能です。

こうした装着や見え方の工夫によって、VR酔いもなくなる!…とは断言できませんけど「VRが苦手な方でも楽しめるようにしたい」という姿勢はウェルカムですね。

ちなみに本体にはUSBポートが備わっており、サードパーティ製の拡張アクセサリーを利用できるんです。将来性もバッチリ

絶妙なコントローラーも可能性を秘めている

Galaxy Gear VR with Controller」にはその名の通りコントローラーが付属しています。このコントローラーがまたVR向けなのです。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 5

片手でホールドできるサイズのコントローラーには、必要最低限のボタン類が配置され、円形のパッド部はタッチパッドになっていてスワイプなどのジェスチャーを利用できます。また、コントローラー背面にはゲームコントローラーのようなトリガーボタンが配置されています。FPSシューティングなどで臨場感マシマシになりそうですね!

さらにコントローラーにはモーションセンサーが内蔵されているので、手の動きでさまざまな操作ができるのもポイント。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 6

実際にどう使えるのか?といった「動き」は、こちらの動画をどうぞ。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 7

構えて、スイング&ショット! パターゴルフゲーム「CLOUD LANDS」ではコントローラーがパターになります

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 8

パズルゲーム「RANGI」では、VR空間にある物体をドラッグ&ドロップで移動したり…

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 9

「BREAK A LEG」では魔法の杖に早変わり。あなたがコントローラーを振ると、魔法の杖は美しい軌跡を描きながら、空間に光を描きます。VRならではのリアリティ、VRならではのファンタジーですね。

つまり、これはプレイヤーがよりVRの世界にのめり込めるための触媒…と言えばよいでしょうか。

現在VR系のインプットデバイスは確固たるスタイルがなく、どのメーカーも絶賛模索中といった中で、この形状や機能は現状のシステムやアプリから導き出された1つのアンサーであるように思えました。VRが気になっているという人は、こういったモデルこそ試すべき価値があるのではないでしょうか。

ポテンシャルを引き出す「エンジン」部にも注目!

Galaxy Gear VR with Controller」のプラットフォームはAndroidスマートフォン。すなわち、対応スマホを装着することで、VR映像を楽しめるデバイスです。そしてそのポテンシャルを最大限に引き出すことができるのが「Galaxy S8|S8+」。そう「Galaxy」シリーズの最新モデルですね。

もうご存じの方も多いかと思いますが、このGalaxy。ひとことで言うなれば、ただならぬ未来感が押し寄せてきたスマホ

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 10

だって見てくださいよこれ。端から端までほとんど画面

「Infinity Display」と言われる、ベゼルレスというアプローチを現状、極限まで追求したスマホです。また、ベゼルを極限まで薄くしたことによって、小型ボディながら5.8インチ(S8)/6.2インチ(S8+)という大画面も実現できました。アスペクト比は映画などを「黒帯」少なく視聴可能な18.5:9。縦長さを生かして、ライブ中継を見ながらチャットしたりといったマルチウインドウ操作もできるんですよ。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 11

Super AMOLED(有機 EL)ディスプレイによる高い映像再現力も期待できますし、前モデルGalaxy S7 edgeと比べて26%高速化したプロセッサー、21%高速化したGPUなど、スペック的にも十分でしょう。このキュンキュンなエンジンパワーにより、VR映像はヌルヌルで、さまざまなVRアプリを楽しめちゃうのかな!という期待感が高まりますね。

また、プラットフォームがAndroidであることも手伝ってコンテンツも充実しています。すでに約700のVRアプリ、コンテンツとしては今年5月にローンチした「SAMSUNG VR」によって、7,000を超えるハイクオリティなVRコンテンツを無料で楽しめるんです。手にしたその日からさまざまなコンテンツ(世界)に入り浸れるわけです。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 12

ユニークなアプローチとしては、VR空間で家族や友達とバーチャルルームを共有できる「Oculus Rooms and Parties」。遠くにいても、同じ空間にいられるという、まるでSF世界のようなシチュエーションも実現できます。

VRは今後、こうしたソーシャルなコミュニケーションとしても伸びていくことが予想されます。そういった面でも、パーソナルなVRシステムである「Galaxy Gear VR with Controller」+「Galaxy S8|S8+」の組み合わせが注目されているのです。

ワイヤレスの手軽さ、専用コントローラーによる直感的な操作、そしてパワフルかつ所有価値の高いスマートフォンという無敵のコンビ。それぞれの特徴を生かして組み合わさったエンターテインメントやコミュニケーションは、きっと今後の「モバイルVR」ジャンルを刺激し、牽引していくことでしょう。

うーむ…このシステムの登場によって、VRというジャンルはますます目が離せなくなってしまいましたね。その可能性、まだまだ底が見えません。いや、底なんて探ろうとせずに、素直にその世界へ没入していけばよいだけなのかもしれませんけどね。

ケーブルの呪縛から放たれ、魔法の杖(コントローラー)も完備。VRの未来が見える「Galaxy Gear VR with Controller」 13

なお、この未来的VR「Galaxy Gear VR with Controller」が気になっているのであれば、今がチャンスですよ。なんと「Galaxy S8|S8+」を予約購入すると無料でもらえるというキャンペーンが行なわれているんです。そう、タダです! 条件としては…

・対象期間中に店頭、もしくはオンラインショップで予約購入する
・キャンペーンサイトから応募する

これだけ。これだけでこの最先端VRガジェットがもらえるというのですから乗らない手はありません。予約対象期間は「Galaxy S8|S8+」の発売日前日まで、購入対象期間は発売日から2017年6月30日まで、応募期間は発売日から2017年7月10日まで。細かなキャンペーンの情報などは、キャンペーンの告知ページからチェックしてみてください。docomoの方はこちら。auの方はこちらからどうぞ。

source: Galaxy Gear VR with ControllerGalaxy S8|S8+

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE