スティーブ・ジョブズはiPhoneに「戻る」ボタンを搭載したかった

スティーブ・ジョブズはiPhoneに「戻る」ボタンを搭載したかった
Image: David Paul Morris/Getty Images News/ゲッティ イメージズ

2017年6月29日がなんの日かご存知でしょうか?

そう、初代iPhoneが発売されてからちょうど10年を迎える記念すべき日なんです。もちろんiPhoneを発明したのはスティーブ・ジョブズ。常に自分の中に高い理想を持っていて、それが形になるまでデザイナーにびっちりこだわることでよく知られています。この初代iPhoneが開発されたときも例外ではありません。

そんなiPhoneが発売されてから10年に合わせて発売された書籍『The One Device: The Secret History of the iPhone』(著:Brian Merchant)の中で、iPhoneの開発中にあった1つの面白い事実が明らかになりました。なんとスティーブ・ジョブズはもともとiPhoneに「戻る」ボタンを搭載すべきだと社内で強く主張していたそうなんです。

本書籍の内容が現在多くの注目を集めており、とにかく社内情報に関しては「秘密主義」で知られるApple(アップル)ですから、その企業秘話をまとめたという点だけでもかなりインパクトのある試みであると言えますね。BGRの記事で紹介されていた、書籍の内容がこちらです。

当初スクリーン画面以外すべて排除する予定であったタッチパネル式の携帯電話は、少なくとも1つはボタンが必要であるという話になっていた。それが、私たちが今当たり前のように目にしている「ホームボタン」だった。しかしスティーブ・ジョブズはそれを2つ設けたいと思っていたのだ。ユーザーはきっと操作のための「戻る」ボタンが必要になる、と。それに対してデザイナーのChaudhri氏は、1つのボタンを採用することのすべてはユーザーの信頼性と予測可能性のためだと反論した。毎回ユーザーが押すたびに必ず同じアクションをするボタンを1つにすること。これでユーザーが一目で自分のアプリを確認できる。

--中略--

「もう一度、信頼性の話に戻った」とChaudhri氏は言う。「ユーザーは自分たちの求めていることをきっちり実行してくれる端末を信頼するはずだ。他の携帯電話の問題は、機能がメニューの中に埋もれてしまっているということだ。複雑すぎる」そしてスティーブ・ジョブズに、戻るボタンを設置することはまさにそんな複雑さを引き起こすことになリかねないと、釘を刺したのだ。

「この議論に関してはなんとか私が勝ちました...」と語るChaudhri氏。

こうしてホームボタンのみにすべきだと反論する社内の人間との議論の末、めずらしく彼は諦め、iPhoneの伝説的な歴史が生まれることになったのです。またスティーブ・ジョブズは自身の直感を疑い、他人の意見に耳を傾けたということでもあるのです。これも歴史的に凄いこと...。

さて、結果的に今回の戻るボタンの開発秘話が明るみになったのは最高のタイミングかもしれません。というのも次期iPhoneことiPhone 8では、ホームボタンがついになくなり、ディスプレイに埋め込まれるという噂が浮上しています。

New iPhone 7s/iPhone 8 Front and Back Panel Images Leaked
Image: Imgur via reddit

こちらは、今月中旬に流出したiPhone 8のものとされるフロントパネル。今回のエピソードが明るみになったということは、iPhone 8でのホームボタンの終焉を認めているのでしょうか!?

Image: David Paul Morris/Getty Images News/ゲッティ イメージズ
Source: Forbes, BGR, Imgur via reddit

Rhett Jones - Gizmodo US [原文
(Doga)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE