大麻で脳が若返る? マウス実験で科学的検証

大麻で脳が若返る? マウス実験で科学的検証
image: BestStockFoto/Shutterstock.com

喜ぶのはまだ早いですよ。

アメリカでは9つの州で、娯楽用または医療用の大麻の使用が合法化されています。今ちょっとしたトレンドとなっているのが、きわめて微量の大麻を人体に投与し、体内における薬物動態を観察・解析する「マイクロドーズ臨床試験」。その実際の効能については、これまで科学的な確証はありませんでした。

が、ドイツの科学者グループが高齢のマウスにおいて大麻が脳の若返り学習能力の回復を促進する可能性を示したという研究結果を、生物医学専門誌Nature Medicineに発表しました。この研究では、大麻は2カ月齢の若いマウスの認知能力には有益な効果はありませんでした。しかし中年(12カ月齢)および高齢(18カ月齢)のマウスでは、研究チームのリーダー、ボン大学のAndreas Zimmer氏が「きわめて強力かつ重大な効果」と呼ぶ現象が観察されました。

研究者は大麻の効能の仮説を検証するために、3世代のマウスにごく微量の大麻を定期的に与えるマイクロドーズ試験を行ないました。1カ月間の投与の後、迷路を走る能力と相互認識能力を観察したところ、驚くべき結果が出たのです。大麻の投与を受けていなかったグループは、期待通りに若いマウスが中年および高齢のマウスよりも優れた能力を示しました。しかしマイクロドーズ試験のグループでは、中年および高齢のマウスは若いマウスと同じくらいの能力を発揮しました。

朗報には落とし穴もあります。大麻の有効成分を含む向精神薬物、テトラヒドロカンナビノール(THC)を投与された若いマウスは、より低い能力を示しました。これは、ティーンエイジャーが大麻の消費後に注意力、学習能力、記憶力の低下を示した従来の研究結果に一致しています(via National Center for Biotechnology Information)。New Scientistによれば、その影響が長期的なものかどうかはまだわかっていません。ほとんどの研究では、向精神効果をもたらす適量はどのくらいなのかが焦点となっています。

また研究グループは、THCが海馬の脳細胞間の接続を増加させることを発見しました。脳のその領域は記憶の形成をつかさどるので、大麻は記憶力も高めてくれる、ということになります。さらに、若いマウスにおいてより活発な身体調節機能=エンド・カンナビノイド・システム(ECS)を、THCが過剰に刺激する可能性が指摘されました。大麻の摂取で若いマウスの注意力が低下するのはそのためではないかと言われています。中年と高齢のマウスはECSの活性が低いため、大麻で最適なレベルに回復するのかもしれません。

研究チームは、大麻の微量投与の効能や、年齢ごとの効能のバリエーションについてさらに具体的なデータを得るため、人体への臨床試験を計画中です。ただしZimmer氏はNew Scientistに対し、これは大麻を吸うこととはまったく違うとクギを刺しています。Rolling Stoneによれば、マイクロドーズ試験の擁護派は1日に3mgのTHCを推奨しています。しかしLeaflyによれば、食用で摂取できる基準は10mgと考えられており、用量の考え方にはかなりの差があります。大麻に本当にポジティブな効能があるのなら、適量を必要とされる人にだけ投与するべく、確固とした科学的な裏付けが待たれます。マウスと同じ現象が人間でも観察されるかどうか注目したいですね。

top image: BestStockFoto/Shutterstock.com
source: Nature Medicine, Rolling Stone, New Scientist(1, 2), Leafly
reference: National Center for Biotechnology Information

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(Glycine)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE