OnePlus 5レビュー:iPhone風Androidスマホ、すごくいい意味で

OnePlus 5レビュー:iPhone風Androidスマホ、すごくいい意味で
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

iPhoneを超えることはできたのか。

日本ではあまり見かけませんが、アメリカ市場などでは存在感のある中国OnePlus社のスマートフォン。その最新フラッグシップモデル「OnePlus 5が登場し、米Gizmodo記者のAdam Clark Estes氏が早速レビューをしています。はたして、iPhoneから乗り換える価値のある端末に仕上がっているのでしょうか?

***

新しく登場した「OnePlus 5」はデュアルカメラを搭載し、四隅や縁が丸まったデザインを採用するなど、どことなくiPhone(7 Plus)に似ているともいえます。でも、OnePlus 5はそんなことは関係なくいいスマートフォンなんですよ?

米GizmodoはOnePlus社が2014年に「OnePlus One」をリリースし、小さな企業ながらApple(アップル)やSamsung(サムスン)に負けないスマホを開発していた頃からのファンでした。2016年に登場した「OnePlus 3」は廉価に購入できる最高のスマホでしたし、今回登場したOnePlus 5も少し値段は上がりましたが「フラッグシップスマホキラー」であることに間違いはありません。

iPhoneをインスパイア…というか真似して微妙な出来だったスマートフォンはこれまでいくらでもありましたが、OnePlus 5はiPhoneを上回っているという見方すらできます。OnePlusのフラッグシップスマホは約500ドル(約5万6000円)と、最新のiPhoneやGalaxyスマホより数百ドル安く販売されますが、今回のOnePlus 5も間違いなく他社のフラッグシップスマホとガッツリ対抗できるモデルとなっています。

OnePlus レビュー 1
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

OnePlus 5は薄くて軽いボディに、最新の8コアプロセッサ「Snapdragon 835」を搭載。背面の1,600万画素(広角側)と2,000万画素(望遠側)のデュアルカメラはどちらもソニー製センサーを搭載し、ポートレート撮影でボケ機能を楽しむこともできます。画素数=画質ではありませんが、iPhone 7 Plusの1,200万画素カメラよりもスペックは上です。RAM容量は8GBで内蔵ストレージ容量は128GB。ディスプレイは美しく、セラミック製の指紋認証センサーの読み取り速度は恐ろしく高速。バッテリー容量は3,300mAhで、わずか30分で1日分の充電を終えることもできます。

搭載されてる「OxygenOS」も素のAndroid OSのようなさっぱり具合で好印象。SamsungやHTCのごちゃごちゃいじられた独自スキンとは一線を画します。余計なアプリも搭載されておらず、Kindleのような白黒スクリーンにする「読書モード」に変更したり、縦長ページのスクリーンショットを一度に撮影したり、ナイトモードでは画面の色合いを夜に合わせて変更してくれます。さらに「Secure Box」では、秘密のファイルをピンコードか指紋認証で隠すことも。なんて気の利いたOSでしょう!

OnePlus レビュー 2
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US
読書モード

もちろん、基本機能だって手抜かりはありません。テキストを送ったり、ウェブサーフィンをしたり、メールをチェックしたりといった作業も極めて高速。またゲームなど高負荷なアプリを起動しても、他社製のフラッグシップスマホにパフォーマンスが見劣りすることはありませんでした。

OnePlus レビュー 3
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US
OnePlus 5のポートレートモードで撮影

さて、デュアルカメラの性能を見てみましょう。結論から言ってしまえばなんの問題もない高品質なカメラだったわけですが、実はiPhoneのデュアルカメラを上回る点があります。それは「プロモード」でヒストグラムやレベル、ISO、ホワイトバランス、シャッタースピードを自在にコントロールできること。この機能がデフォルトで組み込まれているのだから、カメラ好きにはたまりません。

OnePlus レビュー 4
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US

もちろん、欠点がないわけではありません。それは本体がデカイこと。5.5インチディスプレイは綺麗ですが、正直大きすぎると感じます。また本体幅も6.2インチディスプレイの「Galaxy S8+」と比べても広いので、正直画面の上側に親指が届きません。本体厚はGalaxy S8+やiPhoneよりも薄いのですが、これはちょっとスマートとはいえませんね。本体カラーは2色が用意されています。

OnePlus レビュー 5
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US
左:Samsung Galaxy S8+/右:OnePlus 5

製品がオンラインでしか販売されない点も不親切です。OnePlus社はニューヨークにディスプレイショップをオープンさせましたが、ニューヨークの近くに住んでいなければ購入前に端末を触ったりすることもできません。

OnePlus 5は、アンロック(SIMロックなし)かつデュアルSIM(DSDS対応)で34のGSMバンドに対応。64GBモデルは480ドル(約5万4000円)で128GBモデルは540ドル(約6万円)とお安く販売されます。また製品が気に入らなければ、送り返して返金を受けることも可能です。

まとめると、OnePlus 5は素晴らしいカメラを搭載したスマホが欲しい人、iOSからの乗り換えでシンプルな操作を求めている人、お金を節約しながら最新端末が欲しい人には最高の1台ってことですね。

OnePlus レビュー 6
Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US
OnePlus 5の通常モードで撮影

まとめ

・OnePlus 5は廉価(64GBモデルは480ドルで128GBモデルは540ドル)かつ他社製ハイエンドモデルに匹敵する性能
・デュアルレンズカメラ(メインが1,600万画素、望遠が2,000万画素)はiPhone風のポートレート撮影が可能
・3,300mAhのバッテリーはOnePlus 3より容量が少ないものの、ソフトウェアのチューニングでより長い駆動時間を実現
・Android 7.1.1 Nougat上で動作するOxygenOSはシンプルで使いやすい

Image: Adam Clark Estes/Gizmodo US
Source: OnePlus

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE