結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた

結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた
Image: Gizmodo US

結局ワイヤレスイヤホンってどれが一番なのでしょうか…。

もし数年前にみなさんが「ジムで使うのにどのワイヤレスイヤホンを買えばいいのでしょう? 」なんて質問をしていたら、ぼくは笑い転げていたと思います。そもそもワイヤレスイヤホンはどの要素から見ても当時は苦笑いしてしまうほど質が悪く、むしろどれを薦めればいいの? とこちらが悩んでしまうほどでしたから。ただみなさん…今はその頃に比べると良い意味であらゆることが変わっていますよ。

歴史的に見て、ワイヤレスイヤホンの一番の問題は音質ではありませんでした。着け心地利便性です。本当にミニマルなデザインのワイヤレスイヤホンは、どれもすぐに耳から落下したり、石を耳にはめているかと思ってしまうくらいに重かったりしがちでした。ほかのスタイルのものは、着け心地とバッテリーのもちを改善することができるも、チンピラみたいに見えてしまうガチャガチャしたネックバンドを必要としました。明らかにすぐになくしてしまいそうな専用充電器に関しては、もはや何も言わせないでというレベル。

結局のところ、これらの問題がアクティブな生活スタイルにおいてワイヤレスイヤホンを役に立たないものにしていたわけで、これは未だにチャレンジでもあるのです。ところが今回、市場に出回っている最高級と評価されるワイヤレスイヤホンをいくつかテストしてみて、そのうちのいくつかのモデルが実は運動や日常生活でも十分使えるレベルであるということが分かり、正直私も興奮しました。そうです…一気に私はワイヤレスイヤホン・ブームの虜になってしまったのです。

ファイナリスト選抜方法

正直、ワイヤレスイヤホンは今どこにでもあります。(近くの食材店でPowerbeatsの模倣品を買うこともできるくらい)ただ、史上(市場)最高のワイヤレスイヤホンを見つけるため、私と同僚自身のレビューに加え、信頼できる各社メディアのレビュー情報も参考にしました。それによって最終的に絞り込まれた一握りの会社が、Jaybird、Jabra、Bang & Olufsen、そしてもちろんBeatsです。ちなみに今回Apple(アップル)のAirPodsのような「完全ワイヤレス」型の小型イヤホンは含めませんでした。というのも、このような究極的にミニマルなデザインのワイヤレスイヤホンは激しい運動をすると耳から落下してしまうからです。

結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた 1
Image: Gizmodo US
変なアタッチメントが不要なBeatsX

最終的な検証単位は、「音質」、「着け心地」、「利便性」の3つとなりました。今回の主要な目的は、アクティブな生活に最適なワイヤレスイヤホンを見つけることですので、簡単に落下してしまう完全ワイヤレス型の小型イヤホンと同じく、ほとんどのネックバンド付きワイヤレスイヤホンも除外することとなりました。専用充電器を必要とする小型ワイヤレスイヤホンに関しては、非常に迷った。こうしたことを全て考慮した上で、多少利便性を欠くも、最高品質のワイヤレスイヤホンを見つけたかったのです。

どのようにテストしたのか

正直に言うと、箱から取り出した瞬間に除外されるワイヤレスイヤホンもありました。もちろんしっかりセットアップしてランニング時にも音楽を聴いてみましたし、アパート周辺を飛び回ってみたりしましたよ。しかし、いわゆる「高い評価」をされていたそれら多くのイヤホンは届いた段階で勝負がついていたのです。ということで早速、ネックバンドがデカすぎるV-Moda Forza Metallo Wireless、分厚すぎて値段が高すぎるBang & OlufsenのBeoPlay H5 buds、見た目もひどく、着け心地も悪すぎるPlantronics BackBeat Fit、安っぽくて壊れやすそうなJLab Epic2 headsetにはサヨナラを言うことにしましょう。

結果、Powerbeats3BeatsXJabra Sport CoachJabra Sport PulseJaybird X3、そしてJaybird Freedomがこの基準で勝ち残ることとなりました。それらを装着してランニングに行ってみましたし、居心地の良い自宅でも聴いてみました。地下鉄の中でも聴いてみました。おそらくアクティブな人であれば誰もがするであろう、あらゆることをして試しましたよ。そしてその結果、前述した3つの検証カテゴリーを評価するときがきました。

音質テスト

音質がワイヤレスイヤホンにとって大きな問題ではないからといって、それでも音質がまったく問題ではないということにはなりません。BeoPlay H5のようなワイヤレスイヤホンの音質は素晴らしい。ただ残念なのが、上質なドライバを内部に搭載するためにデザインされた余分なスペースが、装着時の着け心地をとにかく悪くしているということです。(そのため、先ほど除外したわけです)Jaybird X3とJaybird Freedomは音が安っぽく、フラットな印象です。しかも明らかになくしてしまいそうな専用充電器を必要とすることを考えても、Jaybirdsは早い段階で選考から落とさざるをえませんでした。

結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた 2
Image: Gizmodo US
音質は素晴らしいのですが、装着感が悪く、ごつい専用充電器を必要とするBeoPlay H5

残りのワイヤレスイヤホンの音質はどれも良かったです。それぞれ微妙に違いがあります。Beatsはよく知られているようにベース音が強い一方で、Jabrasはバランスが良かったですね。ただ総じてどのジャンルの音楽やポッドキャストを聴いていても満足できるレベルでした。では、次に検証カテゴリー2へ移ります。

着け心地テスト

個人的には、軽いワイヤレスイヤホンを探そうとしているときに「着け心地」というのは最も重要な要素です。人の耳の中の形状はみんな違っており、メーカーも自社のイヤホンがユーザーの耳の形状に合うよう、9000個ものアタッチメントを用意するほどの個体差です。そのため、今回私たちが着け心地が良いと感じたものでも、みなさんにとってはそうではない可能性もあるのです。ただこれだけは認めさせてください。Jabraのワイヤレスイヤホンは、正しいポジションにハマると、まるで着けていないのではないかと思うくらい軽いんです。耳の外側に引っかけるPowerbeatsの方は最悪だということ分かりました。ということで、この段階で除外しました。

結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた 3
Image: Gizmodo US
装着している様子が滑稽な人気のヘッドセットPowerbeats3

しかし快適さの要素は他にもあります。ワイヤレスイヤホンはボリュームなどを調整したりするための小さなコントローラーが必要です。そのコントローラーにもバッテリーが搭載されていたりするとイヤホンそのものの重みも増し、片側一方を引っ張ってしまうようになりとてもイライラします。それが、私がBeatsXの重いものがぶらぶらするのを防いでくれるミニマルなネックバンドを好む理由の一つでもあります。

利便性テスト

ここで検証する最後のカテゴリーが、今までのものよりも微妙なニュアンスを含むものです。最も主観的な感覚であるとも言えますね。私にとっての利便性とは、Bluetooth接続に手間がかからず、自分の耳に取り付けるまでの行程に20分も費やさなくても良いということです。(何個かはセットアップがもうジグソーパズルのように複雑です…。)

結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた 4
Image: Gizmodo US
音楽を楽しんでいる最中も心拍数を計測してくれるJabra Sport Pulse

もしここまでちゃんと読んできてくださっていれば、今残っているファイナリストはBeatsX、Jabra Sport Pulse、そしてJabra Sport Coachだということはお気づきですね。BeatsXはApple(アップル)製品に簡単に繋げられるため、人によっては助かるでしょうが、ネックバンド部分の余分な分厚さが微妙に気になります。Jabraの2つは見た目という観点ではほとんど一緒ですが、一番異なるのがPulseの方は心拍数モニターがついており、Coachの方はパーソナルトレーニングアプリに対応しているということでしょう。しかしどちらも耳へ装着する行程が何気にややこしいのです。一定レベルのアクティビティの間は3つとも快適です。それにどれもサイズの割に驚くほど音質が良いのです。

結論

みなさんのクライマックスへの期待を台無しにするわけではないのですが、今回の勝者はBeatsXとJabra Sport Pulseの両方となりました。(個人的にはJabra Sport Coachのパーソナルトレーニング機能は個人的に興味がありません。Pulseの方の心拍数計測モニターは本当に良いものでした。)結局のところこれは、ネックバンドが好きか嫌いか、iPhoneが好きか、Androidが好きかのような、個人的な好みになってきます。ただここで価格というのがものを言うのでしょう。

結局アクティブな人向けのワイヤレスイヤホンってどれが一番いいの? 検証してみた 5
Image: Gizmodo US
驚くほどネックバンドが快適で、バッテリーのもちも良いBeatsX

BeatsXの販売価格は150ドル(日本:税別1万4800円)です。Jabra Sport Pulseは160ドル(約1万7980円)です。ただ率直に言うと、ネックバンドが嫌いな人でもBeatsXは気にいるでしょうし、多くの人でもJabraの利用を楽しめると思いますよ。

Jabraを使っている人たちの間で使用数週間でダメになったというコメントが多いことが気になっています。おそらく防水機能が十分ではないからでしょう。今回はそのような問題に直面しませんでしたが、もしそのようなことが起きたときには更新しますね。もしみなさんの間でも同じようなことが起きたら、Jabraは送り返し、BeatsXをゲットするようにしましょう。これで負けなしですね。

ということで勝者は、
・BeatsX
・Jabra Sport Pulse

です。

こちらの動画もぜひご参照ください。

Video: Gizmodo/YouTube

Image: Gizmodo US
Source: YouTube

Adam Clark Estes - Gizmodo US [原文
(Doga)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE