格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった

Sponsored

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 1
Photo: 奥旅男

もっと早く行けばよかった。

分かっちゃいるけど何となく手をつけないこと、生活の中で多々あると思いますが、「格安スマホ・格安SIMへの乗り換え」でそう感じている人、結構多いのではないでしょうか。

おトクなのは分かってるけど何となく乗り換えない」。かくいう自分もそうでして、ギズモードでライターをやっていることもあり、格安スマホや格安SIMの情報には人一倍触れる機会がありますが、なんだかめんどくさくて手をつけずにきてたんですよね。

僕の場合はSIMフリーの端末を持っていたのでSIMさえ手に入れればOKでした。たいていのことはネットで完結できた方が楽だと思っている派なので、さっさとポチポチって進めればいいのに、なかなか進まない。よく言われる「メアドが変わってしまうこと」などは僕は全然問題ないんですけど

複雑な料金プランの中から自分にフィットするものを見つけるのがめんどくさい。

MNPの手続きなど、調べて実行するのがめんどくさい。

●そして何より「乗り換えるぞ」というアツい気持ちがあるうちにゴールまで到達したいので、ネットで注文して届くまでのラグを考えると「今度でいいか」となってしまう。

こんなところが心理的障壁になってズルズル来ていました。

安心もめんどくさいことのサポートもショップがやってくれる

最近話題になった、国民生活センターによる「格安スマホのトラブルに関する報告書」のニュース。

「相談事例からみる特徴」を見てみると「問い合わせ窓口や、端末の故障・修理時の対応」が挙がっており、具体的には以下のような内容です。

【事例1】
問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい

【事例2】
修理期間中の代替機の貸し出しサービスがなく、スマートフォンが1カ月間利用できない

困った際のサポートは提供サービスの中でも気になるものの1つ。いざというときに対応してくれる存在、特に実店舗は心強いものです。

ここで思い出したのが、僕の地元(都内近郊・私鉄沿線)の最寄駅近くにあるワイモバイルショップの存在でした。

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 2
Image: ワイモバイル

地元だけでなく、いわゆる主要駅の近くにはたいていある印象。調べてみたら、新規契約や機種変更ができる取扱店は全国約4,000店舗、サポートを受け付けてくれるショップというくくりなら約1,000店舗あるそうです。この数、安心感ありますね。

そのときふと「そうだ…ショップに行ってスタッフの人とマンツーマンで話しながらやれば、このめんどくさい作業もスムーズに進むのではないか?」と思いついたのでした。

服や靴ですらリアルショップよりネットで買う方が多いほどの僕でも、このときばかりは心からリアルショップを求めていました。そう、今の僕に必要なのは一緒に作業をしてくれる人! 今すぐ行こう!

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 3
Photo: ワイモバイル

そしてやってきましたワイモバイルショップ。駅から家に帰るときいつも前を通っていましたが入るのは初めて。親切なスタッフさんに案内され、料金プランなどを一通り聞きます。

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 4
Image: ワイモバイル

最もリーズナブルな「スマホプランS」なら月額1,980円(※税抜/1年間)から使えるのか…

僕、そもそもデータ通信容量を必要とするタイプではなく、もともとのキャリアとの契約も2GBだったりするので2年間2GB(※3)使える「スマホプランS」でいけるな…

しかも10分以内の通話(※一部対象外通話あり)なら回数無制限で無料か…10分以上電話してることなんてそうそうないな…

「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」での買い物時に「Tポイントが5倍」になる「Yahoo!プレミアム」がコミコミで使えるのもなにげにうれしい…

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 5
Photo: 奥旅男

30分後にはワイモバイルのSIMを手にしていました。だって…

●一番めんどくさいと思っていた料金プラン選びがシンプルだった。「スマホプランS」以外には、「スマホプランM」はデータ通信容量が2年間6GB(※3)、「スマホプランL」はデータ通信容量が2年間14GB(※3)となっていて、自分に合ったデータ通信容量を選ぶだけでよい。

●MNPなどめんどくさい諸々の手続きをスタッフさんがアシストしてくれるのでスイスイ進む。

●何よりその場でSIMが手に入る。

こんな感じなんですから!

(※)2017年6月19日現在で各種割引や特典を適用した場合。自分に適用可能かはサイトでチェックを。

料金だけじゃないおトク感

ショップでいろいろ説明を聞いたら知らないメリットも多々ありました。

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 6
Image: ワイモバイル

安いだけじゃなくて安心して使えることが大事」という人も多いと思いますが、ワイモバイルは故障したスマホをショップで即日、新品(※4)に交換してくれるなど充実したサポートを備えた「故障安心パック プラス」(月額690円/税抜)ほか、保証サービスが各種そろっているのも魅力でした。

僕のようにSIMフリー端末を使いたい場合は「故障安心パック プラス」は対象外ですが、SIMフリー端末向けには「故障安心パック ライト」(月額500円/税抜)が用意されていて、故障時には指定機種に7,500円〜(税抜)取り替えることができます。

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 7
Image: ワイモバイル

人口カバー率99%以上と広い4Gエリアで高速データ通信を安定的に提供、5Gの有力技術である「Massive MIMO」を導入するなど最新技術への対応も万全で心強いです。

そのほか、2台目以降の家族の使用料が月額500円(税抜)引きになる「家族割引サービス」や、自宅のネット環境とセットにすることで割引が得られる「光セット割」も、メリットを感じる人、多いかもしれません。

格安スマホ・格安SIM、いいけどめんどくさい。その心理的障壁を乗り越えられたのはショップの存在だった 8
Photo: 奥旅男

ふだんハードウェアの情報を中心に追っているため、こういったソフト面のサービスをじっくり見ることは少ないので、ショップのスタッフさんといろいろ話しながら検討できて楽しかったです。

思えばリアルショップで接客受けたの、かなり久しぶりかもしれない。人と人のつながりって温かくて安心できるものだなぁなんて、あらためて実感しました。

格安スマホ・格安SIMにする気は満々なんだけど何となく動けていない」という人たち、あなたに必要なのは「一緒に作業をしてくれる人」かも? そんな気がしてきた人はショップへGOですよ!

Photo: 奥旅男
Photo / Image: ワイモバイル
Source: ワイモバイル

(奥旅男)

※1 基本使用料3,980円に対し「スマホプラン割引」または「スマホプラン割引期間限定キャンペーン(キャンペーン期間:2017年3月1日〜2018年5月31日)」適用時における、ご利用開始月から25カ月間の料金です。なお、26カ月目以降も「長期利用割引」適用により引き続き同料金でご利用いただけます。

※2 「スマホプラン割引」または「スマホプラン割引期間限定キャンペーン(キャンペーン期間:2017年3月1日〜2018年5月31日)」、「ワンキュッパ割」適用時における、ご利用開始翌月から12カ月間の料金です。

※3 データ容量2倍(2年間)は新規・MNP(番号移行含む)・契約変更のお客さまが対象です。

※4 在庫状況により、取り寄せ期間が必要となる場合や新品同等機種となる場合があります。

あわせて読みたい

    powered by CXENSE