MicrosoftがCortanaちゃん搭載のスマート温度計を開発中か?

MicrosoftがCortanaちゃん搭載のスマート温度計を開発中か? 1
Image: Microsoft/YouTube

Cortanaちゃんの快進撃が始まるか?

今や世界にはさまざまな音声アシスタントが存在しています。Amazon(アマゾン)のAlexa、Apple(アップル)のSiri、Google(グーグル)のGoogle Assistant。Microsoft(マイクロソフト)はCortanaを展開しています。今年2017年5月にはCortana搭載のスマートスピーカーが登場したばかり。

そんな中、The Vergeが紹介したMicrosoftの動画によると、Microsoftは電気式温度計を取り扱う米企業Johnson Controls(ジョンソンコントロールズ)とタッグを組み、Cortana搭載のスマート温度計を開発しているとのこと。その名も「GLAS」。

Video: Microsoft/YouTube

本体にはIoTデバイス用にデザインされたOS「Windows 10 IoT Core」が搭載され、Microsoftの統合クラウドサービス「Azure Cloud」にも対応しています。その名の通りのガラス型のタッチスクリーンモニターは、室内の温度を一括管理・調整できるだけでなく、電気使用量や空気の状態やカレンダー情報も表示できます。

Microsoftの動画を見るかぎり、本デバイスは室内に人がいるかどうかまで認識できるようで、電気使用量を考慮しながら人にとって最適な室内環境を自動で整えてくれるデバイスになるようです。

残念ながら動画で紹介されているのは、スマート温度計で部屋の空気を整える様子のみ。Cortanaちゃんを使う様子は映されていませんが、搭載されるということは、他社のスマートスピーカーと同じような使い方ができるのでしょうか。なお、具体的なスペックや値段、発売日などもまだわかっておりません。

空調設備や暖房器具を一括管理するスマート温度計は、日本の家庭ではあまり一般的ではないかもしれませんが、この近未来的なガラスデザインを見ているとなぜか欲しくなってしまいます......。AmazonのEcho Showみたいに、モニター上でいろいろな機能が使えれば利用シーンも広がるかもしれません。続報を待ちたいと思います!

Image: Microsoft/YouTube
Source: The Verge, YouTube

(Doga)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE