何じゃこりゃ? フランスの海岸に打ち上げられた大量の黄色いスポンジ状の物体

  • カテゴリー:
  • News

何じゃこりゃ? フランスの海岸に打ち上げられた大量の黄色いスポンジ状の物体 1
Image: Sea-Mer Association

一体何なのさ……。

2017年7月14日(金)、フランス北部のある岸に奇妙なスポンジ状のかたまりが打ち寄せられてくるようになりました。週末になるとその数は増え、約30キロにわたって数千もの黄色い泡のような物体が沿岸に見られるようになったのです。この気持ち悪い物体がどこから来たものなのか地元当局にはわからず、現在調査を行なっています。

The Localの記事によれば、この奇妙な物体はフランス北部、イギリス海峡に面したカレー地方のビーチ複数に打ち上げられました。前述のビーチの多くは観光客や海水浴に人気があり、現在は作業員たちが大急ぎで片付けようとしているとのこと。

何じゃこりゃ? フランスの海岸に打ち上げられた大量の黄色いスポンジ状の物体 2
Image: Sea-Mer Association

同記事ではフランス当局は物体の正体を把握していないにもかかわらず、この物体は地域の「公衆衛生、動物そして植物」に対して危険ではないと言っているとも書かれています。このフランス当局の発言は「より多くのことが判明するまで正体不明の物体との接触は避けたほうが賢明だ」と語る、環境保護団体Sea-Mer Association会長のJonathan Hénicartさんにとっては、驚かされるものでした。

彼は地元紙La Voix du Nordに「黄色いポリウレタンフォームの球のようにみえますが、その正体は違います」と説明しています。「触ってみると、少し脂ぎっています。もろいけど、簡単に崩れるわけではありません。特定の臭いはなく……(中略)、よく海岸で見つかるパラフィンワックスとは異なります。有毒かわからないので、触るべきではありません」とのこと。

7月17日には、エプタルという町の消防士たちが現場を観察しサンプルを採取するために近場のビーチに赴いたとLa Voix du Nordは報じています。サンプルはフランス西部ブレストにある炭化水素汚染の分析に特化した組織に送られました。同組織は地域の水源を汚染から守ることを使命としており、1978年に起きた原油タンカーアモコ・カディスの原油流出事故のあとに設立されました。分析の結果は1週間ほどでわかるとのこと。

何じゃこりゃ? フランスの海岸に打ち上げられた大量の黄色いスポンジ状の物体 3
Image: La Voix du Nord

謎の物体が漂着した海岸はイギリス海峡に面しており、日に400隻以上もの商船が横切る、世界でも有数のせわしない水域です。 La Voix du Nordによると、この数カ月、同水域に面したビーチでは脂っぽい円形のかたまりやポリウレタンフォームが漂着するなどの事件があったとのこと。

何じゃこりゃ? フランスの海岸に打ち上げられた大量の黄色いスポンジ状の物体 4
Image: Sea-Mer Association

この黄色い物体の正体について、米GizmodoのDvorsky記者は「何らかの化学物質と界面活性剤が含まれているのでは?」と推察していますが、Hénicartさんは高温で液体状のグリースが海に放り出され、水の冷たさで固まったものだと考えています。分析結果を待つとしましょう。

Image: Sea-Mer Association, La Voix du Nord
Source: Sea-Mer Association via The Local, La Voix du Nord

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE