Amazon、今度は医療分野に参入? 医療データ集約や遠隔医療の可能性

Amazon、今度は医療分野に参入? 医療データ集約や遠隔医療の可能性
Image: Jonathan Weiss/Shutterstock.com

お医者さんもAmazonで買える時代に?

オンライン書店に始まって、今やあらゆるものを売り、ドラマを制作し、リアルな店舗も運営し、スマートスピーカー市場を開拓しているAmazon(アマゾン)。彼らが次に進出しようとしているのは、医療分野ではないかと噂されています。

CNBCによれば、Amazonは「1492」と呼ばれる秘密のプロジェクトを立ち上げて、医療に対してテクノロジーでできることをいろいろな角度で探っているようです。1492は、コロンブスの新大陸発見の年になぞらえたものと思われ、Amazonの意気込みが感じられます。たとえば医療記録を電子化して患者本人や医師が見られるようにするシステムや、遠隔医療システムなどが検討されているらしいです。まあお坊さんだってAmazonで買えるんだから、その前段階のお医者さんだって買えてもいいですよね。またAmazon Echo上には、すでに病院による健康情報アプリ「KidsMD」もあり、今後この手のアプリが増えていくのかもしれません。

創業以来次々と新しい業界に切り込んできたAmazonが、今度は医療に入っていこうとするのは特に驚きではありません。他のテック企業も、たとえばAppleが3年ほど前からiPhoneに(あんまり使わない)ヘルスケアアプリをデフォルトで入れてきたり、Apple Watchでもフィットネスを推していたりします。GoogleVerily Life Sciencesという会社をスピンオフして、健康データの収集や分析、それに基づくアクションのためのツールを作っています。

またCNBCの5月の記事によると、Amazonでは処方薬の販売も検討しているようです。ちなみに日本のAmazonではすでに第1類医薬品を取り扱っていています。それにAmazonはもうネットだけの存在じゃなく、米国の大手スーパーWhole Foodsを買収したり自分でリアル店舗を作ったりしているので、そういう店舗がAmazonの薬局を兼ねることもあるのかもしれません。米国の大手ドラッグストアのWalgreensのCEOは、先回りして「パートナーになってもいいよ」と言ってます。

ともあれ、Amazon含めてテック各社が医療でしのぎを削るようになれば、我々の受ける医療とか健康にまつわるサービスがきっと大きく変わっていくと思われます。遠隔問診とかオンライン処方せんで病院や薬局での長い待ち時間がなくなったり、日々の細かいデータを使った健康状態の分析で病気を早期発見できたり、そんな未来が早く来るといいですね〜。

ジェフ・ベゾスがインスタ開設。初投稿は壮大でシュールな空撮セルフィー動画

Image: Jonathan Weiss/Shutterstock.com
Source: CNBC(1, 2), Forbes, Amazon
Reference: Amazon

(福田ミホ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE